×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 Utada.comからのメール及び、更新情報などなど、、、 

オフィシャルサイトはこちらからどうぞ→ Utada.com

 メーリング・リストの登録方法はこちらを参照ください

 ENGLISH  JAPANESE

Utada NYC Showcase (utada.com) 投稿者:i_ 投稿日:03/05(土) 17:26
2005年3月4日 3:59:24 にutada.comからショウケースについてのメールが届きました。
何日か前からサイトに掲載されてる文章と同内容ですね。
訳文を掲載しておきますです。

Utada NYC Showcase

UtaDAのNYC(ニューヨークシティ)でのショウケースは素晴らしいイベントとなりました! 500人以上のVIPが、UtaDAのショウケースのために去る2月23日水曜日、NYCのダウンタウンにあるスカイライトに駆け付けました。パーティはアイランド・デフ・ジャム・グループとトレンドセッター雑誌であるブラックブック・マガジンの協力により行われました。カニエ・ウェストのDJだったDJ ATRACKが(場内で掛ける)曲を選び、UtaDAがフル・バンドを従えてパフォーマンスをしました。そこには、390を超えるデジタルスクリーンを使用した驚くべきステージデザインが設えられていました。UtaDAはアメリカでのデビュー・アルバムとなる「エキソドス」から、去年ビルボードのクラブシングル(・チャートで)No.1となったダンス・シングル曲の“デヴィル・インサイド”を含め6曲を演奏しました。

UtaDAの個性的な音楽とファッションセンスは(スカイライトの)空間全体を支配しました。それは、アリーナを埋め尽くせるほどの説得力を持った、劇的ともいえるパフォーマンスでした。何人かのUtaDAファンが、彼女の(公式)ウェブサイトであるutada.comを通じて選ばれ、ショウに臨む事が出来ました。ショーン・レノンヴィンセント・ギャロといったセレブや、NYCのトップモデルたちも沢山来場していました。


utada.comが更新されました 投稿者:i_ 投稿日:2004/09/25(土) 02:36
目次:


1.UTADA: FRESH NEW SOUND FOR THE FALL
2.UTADA CONTEST
3."Easy Breezy," Added to the Listening Session and Available for Download on iTunes
4.REMEMBER THIS NAME: UTADA
5.Utada Featured On 2004 Olympics Album


6.Utada To Release "Devil Inside" 12" Vinyl and CD Single on September 14th in the US
7.Welcome to Utada.com
8.Utada in the Studio
9.New Music
10.Utada Shoots Video for Single "Easy Breezy"


11.Hello Utada Fans
12.Utada Featured in the New York Post
13."EXODUS" ALBUM COVER AND TRACKLISTING REVEALED
14.Join U-Unit - The Official Utada Eteam
15.Utada Biography

1.『UTADA: FRESH NEW SOUND FOR THE FALL

    Exciting singer/songwriter releases US debut EXODUS on Island Records Oct. 5』

・・・これは,utada.jpのプレス・リリースNo.2のページに日本語訳が載っています.参照してください.
2.『UTADA CONTEST』
ENTER NOW to win a trip for two to see Utada in New York City, a 20 GB Apple iPod, and an autographed copy of her new album, "Exodus." You must be a resident of the United States to enter the contest. Good luck!!!
ここ("ENTER NOW")をクリックして,ニューヨークシティでUtaDAに会える二日間の旅を勝ち取ろう!
他にも20ギガバイトのアップルのiPodや彼女のニューアルバム「EXODUS」のサイン入りCDなんかが当たるぞ! でも,このコンテストに参加するためにはキミがアメリカに住んでないといけないんだけどね!!(笑)
3.『"Easy Breezy," Added to the Listening Session and Available for Download on iTunes 』

・・『"イージー・ブリージー"がリスニングセッションのコーナーに加わりました.iTunesでダウンロード出来るようにもなりましたよ.』
After a great week of sales for "Devil Inside" on all of the online digital services, we've added Utada's first radio single, "Easy Breezy," to the utada.com listening party, and made it available exclusively on iTunes "デヴィル・インサイド"がオンラインでのデジタル・サーヴィス全てで見事なセールスを記録したこの一週間でしたが,ここutada.comのリスニング・パーティ(訳者註:試聴会のことではなく,ここで紹介できる音源,ということだと思われます)に新たにUtaDAの最初のラジオでのシングル曲である"イージー・ブリージー"が加わりました.iTunesで独占入手できます.
4.『REMEMBER THIS NAME: UTADA 』

・・・これは,utada.jpのプレス・リリースNo.1のページに日本語訳が載っています.参照してください.
5.『Utada Featured On 2004 Olympics Album 』

・・『Utadaが2004年のオリンピックアルバムに登場!』
Utada will be featured on "Unity," the official Athens 2004 Olympic Games Album. Read the press release here for more info.
UtaDAが2004年のアテネ・オリンピック大会の正式アルバム「ユニティ」に参加することになりました.詳しいことはこちら("here")のリンク先を読んでください.
(筆者註:リンク先の文章にはUtadaのことは出てこないので,訳文は割愛しますね(リンクもここでは省略))
6.『Utada To Release "Devil Inside" 12" Vinyl and CD Single on September 14th in the US』

・・(筆者註:"デヴィル・インサイド"のアナログ&CDシングル発売のお報せです.このあとは曲目表なので割愛します)
7.『Welcome to Utada.com』
Welcome to the new website for Utada. This site will be growing considerably this year in both size and the content it offers. Be sure to check back regularly for official news as well as words from Utada herself. UtaDAの新しいウェブサイトへようこそ! このサイトは今年から規模も提供する内容もどんどん充実していきます! UtaDA自身のメッセージと同じくらい,ここのオフィシャルニュースも定期的にチェックするのを忘れないで下さいね!
8.『Utada in the Studio』
Utada is currently in the studio recording her debut english language album, coming soon. Stay tuned to utada.com for all the latest official news UtaDAは現在来るべき英語デビューアルバムの録音のためにスタジオ入りしています.最新のオフィシャル・ニュースをゲットするためにはこのutada.comを注目!
9.『New Music』
Utada.com will be the first place to hear new music. We'll send out an email to the mailing list as soon as the music is available for you to hear, so be sure to join now!
utada.comは彼女の音楽が聴ける最初の場所になります.音楽が試聴可能になり次第,メーリングリストを使ってアナタのところにEメールが届きます! なので,是非メーリングリストに加入してくださいね!
10.『Utada Shoots Video for Single "Easy Breezy"』

・・・これは,utada.jpのプレス・リリースNo.3のページに日本語訳が載っています.参照してください
11.『Hello Utada Fans』

・・『ハロー!ウタダ・ファンのみんな !! 』
We've created this news item to give you the collection of new and approved Utada artwork and images for all non-official fan sites. Please only use the assets listed here for your Utada fan sites!
新しいニュース・アイテムとして,UtaDAのアートワーク&写真コレクション(使用許諾済)をオフィシャルでないファンサイトのみんなのために用意しました! ファンサイトでだけ,使ってくださいね!
Please Note:
* Changing the original photo is not allowed (trimming, retouching, re-sizing, etc..)
* Copyright information cannot be removed nor changed
* No text or design can be added to the photo
* These assets can only be used on US based Utada fan websites. Any other use is prohibited
* Limited to use in the US only
* Japanese users should follow Universal Music K.K. rules. Universal Music K.K. takes charge of Japanese copyrights for Utada.

[image 1]
[image 2]
[image 3]
[image 4]
[image 5]
[image 6]
注意点:
* トリミングやリタッチ,リサイズといった加工はやめてね♪
* 「Copyright」の表示を変えたり消したりしないでね♪
* 写真に字とか書かないでね♪
* アメリカ発のウェブサイトのみで使用可能です.他はダメ〜☆
* だからアメリカだけだってば!
* 日本で使いたい場合はUniversal Music K.K.のルールに従って下さい.こちらに掲載されています

[イメージ1]〜[イメージ6]
Thank you for all your support!
- The Staff at Utada.com
応援してくれてありがとう! (utada.comのスタッフより)
12.『Utada Featured in the New York Post 』

・・UtaDAが今度はニューヨーク・ポストに登場!
日本語訳は当サイト内『新聞・マガジン』のコーナー又は、翻訳BBS[No.45]に掲載されていますのでそちらをご覧下さい.
13.『"EXODUS" ALBUM COVER AND TRACKLISTING REVEALED』

・・「EXODUS」のアルバムカバーと曲目が明らかに!
周知の事実なので省略.(笑)
14.『Join U-Unit - The Official Utada Eteam 』

・・U−ユニット(オフィシャル・UtaDA・インターネット・チーム)にご参加ください!
Want to help promote Utada and Exodus? Now you can, by joining the official Utada eteam: U-Unit! JOIN NOW! UtaDAと「EXODUS」を世に広めるお手伝いをしたくないですか? さぁ,アナタも協力してください! U−ユニットへご登録を!
Utada Biography 転載 

投稿者:i_ 投稿日  :09/25(土) 02:37

宇多田共和国 情報掲示板→記事No[1420]より転載したものです。 Utada Biographyの日本語訳
 ▽ 2004/1/22 (Thu) 00:37:44 ▽

http://www6.islandrecords.com/utada/site/utada_bio.php

↑に記載されている文章の僕による日本語訳です。書き始めたのが昨日だっていうくらい時間掛かったのにexciteの自動翻訳
(http://www.excite.co.jp/world/text/)と大して変わらないのが悲しい…(〒_〒)
僕はこう見えても(?)英語に対する苦手意識がバリバリなので,
誤訳発見したら是非々々教えてくださいぃ!(意訳がかなり多いのでご注意)


≪彼女は「あぁ,あのジャパニーズ・ガールね」ってみんなから言われることになるよ,そのうちね.≫

 ”Utada”は彼女の”ファミリー・ネーム”であり,そして音楽は彼女の”ファミリー・ビジネス”である.マンハッタンで,日本の演歌歌手であるお母さんとミュージシャン/プロデューサーであるお父さんの間に生まれ,歩くのを覚える前からニューヨークと東京の間を行き来していた.今,21歳のバイリンガルとなったUtadaはその,彼女に”オープンでありながら分析力のあるマインド”と”どんな新しい環境にも素早く適応できるという自信”を植え付けることになった不安定で遊牧民のような育ち方を,自分にとってとてもよいことだったと考えている.

Utadaにとってはその二つの大都市(東京とNY)の両方が故郷である.そしてまた,もしかしたらレコーディング・スタジオが彼女にとって「第3の故郷」と呼べるものなのかもしれない.そこで彼女は放課後の宿題をしたり,巨大なスピーカーの下でうただ寝をしたり,父親と母親が音楽をレコーディングするのをじっと見ていたりしていた.

靴屋の息子がその父親の工具を自然に手に取るようになるのと同じように,彼女は11歳の時には自らにとって初めてとなる作曲をしそれを録音,13歳になる頃にはファースト・ソロ・アルバムを英語で録音することになる(そこで彼女は殆どの楽曲の作詞作曲を手掛けたのだった).1年後,東芝EMIの音楽プロデューサーが彼女に何気なく「日本語の曲は書ける?」と尋ねてみた.彼女のその彼の質問に対する答えは,彼女の(日本での)最初のデビューアルバムの為のレコーディングを通して形になる.それは,1999年のリリース以来,900万枚以上の枚数を売り上げた.


…ここでちょっと私に今の君の気持ちを当てさせて!……その数字に貴方は素直に驚いてるのかな? そうでなかったら,彼女のことを,「またやってきたよくいるタイプの合衆国外の大物ミュージシャン」――アメリカ市場に割って入ろうと努力はするものの騒ぎを巻き起こすことすら出来ないヤツ――そんな風に捉えて”そんなのはもうウンザリだよ”と思ってる? あのね,これは賭けてもいいんだけど…もし君がUtadaの音楽を耳にしたとしたら,それはもう「熱心に耳を傾けてみなくては!」と思うことでしょうね! だって彼女の音楽は,貴方の予想をことごとく裏切るでしょうから.もしかしたら,貴方は自分の頬に微笑みが広がっていくのを感じるかもしれないわ.そして君が(彼女の音楽を聴いたその)個人的な感想をそうやって思い描いた後には,自分以外のアメリカ人は彼女の音楽をどう思うだろう?(きっと僕と私と同じように感じるに違いない!)っていう期待で胸をワクワクさせちゃってるかも!


『私はいつも”貴方の音楽のジャンルは何ですか?”って訊かれて戸惑ってるんだ.』とUtadaは言う.『私はただ,”いい”と思える自分独自の音楽を創ろうとしているだけ…皆が楽しめるもので,どこか他と違っていて,思い出に残り,とても創り込まれていて,そしてお金を払う価値がある,そう思ってもらえるような音楽をね.ある時はPOLICEのようにポップで,またある時はMARS VOLTAのように激しい…でも,そんなでも私はいつも,いつでもユーモラスで魅惑的であろうとすることを楽しんでるの.』

日本では,Utadaはメディアへの露出が乏しい,ということですぐさま不満を言われた…その理由が”学業を優先すること”(しかも・・・高校だよ!)であったのに.そんな彼女も今ではコロンビア大学を休学し,キャンパスライフを離れて自らの(音楽的)キャリアを重ねていくことを選んでいる.『自分が本当は何をしたいのか,っていうことをもう自分がわかってるんだって気が付いたんだ.っていうのはつまり,ここにきて初めて意識的に”音楽”を自分のフルタイムの仕事として選んだんだってこと.多分,大学に戻るのはおばあちゃんになってからになるでしょうね!』 今のところ,彼女は自分のラップトップとキーボードだけで殆どの仕事をするのが好きみたい.シーケンスもアレンジも,作曲も作詩もね.

『もしラジオやクラブで私の音楽が鳴り始めたら,皆に気付いてもらってこう言って欲しい,「おい! これがあのジャパニーズ・ガールだっていうのかい!?」』...ふーん.でも,じゃあまずどうやって貴女の存在を知ってもらうの? ただその音楽だけで? …その疑問にはUtada自身に答えてもらうことにしようよ!―――『それが私なんだって貴方達にもわかるの! それは間違いないのよ!』

"written by Utada"