×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 ENGLISH  JAPANESE

  「BIG IN JAPAN」 utada-paper.jpg

utada-paper.jpg

投稿者 i_ 投稿日 05/04/07(木) 23:42
BIG IN JAPAN

UTADA slips through New York pretty much unnoticed, hanging out in her Upper East Side apartment and occasionally going to clubs. But in Japan, Utada is mind-bogglingly famous. The pop star, who writes all her own material, has four platinum albums to her name and can barely walk down the street in Tokyo without being accosted by screaming tweens. Thanks to the release of her first American album, Exoudus(Island Records), last October, she may be enjoying her last days of Stateside anonymity as well. She actually grew up harf in Tokyo, half in New York, the daughter of a traditional Japanese singer and a music producer. It's my secret past, Utada says. I grew up with a lot of prep-school girls on the Upper East Side. She initially rebelled against the industry(I had to go to the studio with my parents every day when I was in elementary school, and I thought, 'This is not normal ! ' ) but had a change of heart at age 11 when a Toshiba-EMI executive approached her about writing J-pop songs. Her first full-length albums, First Love, was released in 1999. Now, at only 21, Utada has a distinctly different style from her pop-diva counterparts, Exodus is melodic, chilly and lyrically candid --- much more reminiscent of Bjork than Britney. And the image she projects is as distinct as her music. I wanted to start out neutral [in the U.S.], a blank slate, so people wouldn't judge me as easily, she says. I can't wait to start playing with my image here. ★ Kate Jacobs
ビッグ・イン・ジャパン

UTADAはニューヨークの街を誰にも気づかれずにすり抜けてゆく。 アパートのあるアッパー・イーストサイドをぶらつきながら、時にはクラブにも行く。でも日本では、Utadaは心臓が飛び出るほどに有名だ。 総ての曲を自分で書くこのポップスターは、4つのプラチナム・アルバムにその名を刻んだおかげで、喚き叫ぶ人たちに気づかれることなしに東京の街中を歩き回ることなどほぼムリとなっている。しかし、昨年の10月にリリースされたUtadaの最初のアメリカでのアルバム「エキソドス」(アイランド・レコーズ)によって、今が彼女の合衆国内での最後の無名時代になることだろう。事実Utadaは、(人生の)半分を東京で、半分をニューヨークで過ごした。日本のトラディショナル・シンガー(演歌歌手)と音楽プロデューサーの娘として。「それは私の秘められた過去なのよ!(笑)」とUtadaは言う。「沢山のアッパー・イースト・サイドの中学生の女の子たちと一緒に過ごしたわ。」 Utadaは最初、自らの家業に反抗的だった(「小学生の頃、両親と一緒にスタジオに行かなきゃいけなかったの。だから、こう思ってたわ、『こんなの普通じゃない!」ってね。(笑))。 しかし、11歳のときに心境の変化が訪れる。東芝EMIの重役が彼女にJポップ・ソングを書かないかとアプローチをかけてきたのだ。そのウタダの最初のフル・レンス・アルバム「FIRST LOVE」がリリースされたのは1999年。そして今や、たったの21歳にしてUtadaは、彼女のマネをしたがるポップの歌姫たちと全く異なるスタイルに到達した。「エキソドス」にはメロディが溢れていて、聴き手をぞっとさせるような瞬間を多く含み、怯みのない歌詞世界が築かれている。ブリトニーというよりは、もっとよりビョークに近い。そして、彼女が想像しているイメージ(註:自分のこれからの姿、みたいな感じかな)は、その音楽同様に明晰だ。「私は(米国で)ごく自然に、過去のない状態から出発したい。だから、みんなもそう簡単には私のことを判断できないでしょうね!」そうUtadaは言う。「早くこっちで自分のイメージを築いていきたくってたまらないの!!」★ ケイト・ジェイコブズ
訳者後記: 

UtaDAへのインタビューをもとにして記事を書いているのであれば、インタビューの全貌が知りたいなぁ。もうちょっと彼女のことばを書いておいてくれないと、ワンセンテンスだけでは本心が汲み取りづらいです。あとは、お馴染みの内容なので楽しく翻訳するためにちょこちょこ原文と全然違う訳をしてみていることをご了承くださいませませ♪(^。^;


翻訳:アメリカ・マガジン'04秋 / America Magazine 2004 Fall

オフィシャル・サイトutada.comのここ(下URLに同じ)に掲載されている
「アメリカ・マガジン」なる雑誌の記事の文字起こし(?)&その訳文です.


http://www4.islanddefjam.com/media/utada/images/utadaamerica.jpg
投稿者:i_投稿日:10/16(土)
"BEING a FOREIGNER is kind of like being a permanent outsider when you go to a new place", explains Utada , the 21 year-old singer-songwriter on the verge of breaking down musical barriers in the United States. The Japanese singing sensation has sold more than 10 million records in her native land, and now the Columbia University drop-out("I'm only on a leave right now," she assures) is ready to take America by storm with the stateside release of Exodus. The album pairs her with hip-hop ???-producer Timbaland and Jon Theodre of Mars Volta. With a sound reminiscent of Madonnna's incursion into trip-hop and a name that means "to give off light," Utada and her Japanesey lingo provide a vibrant, hip new sound to the musical landscape. "I can't find a genre to really fit my music into. I figure that means it's pop. But it's not quite like Hilary Duff pop." she quips. "I usually say it's intense. Like it's intense pop."
text KARU F.DANIELS
Green dress by ADIDAS, jewerlry by ?EATRICITY

http://www.americamagazine.org/
「誰かが自分のことを外国人なんだって思うのは,新天地に来たのにいつまでたっても自分が部外者なんだって感じること,なんじゃないかな.」UtaDAはそう説明する.この,日本語の歌で人々を狂騒の渦に巻き込んだ21歳のシンガーソングライターは,今米国の内部にある音楽的なバリアーをぶち壊そうとしているのだ.彼女は,本国日本で1000万枚以上のレコードを売り上げている.このコロンビア大学からの退学者は(彼女自身は「いや,ただ今は休学中ってだけなんだけど」と言ってはいるが),「EXODUS / エキソドス」の国内向けリリースでアメリカに嵐を巻き起こすつもりだ.このアルバムには,ヒップホップ・???・プロデューサーであるティンバランド(Timbaland)とマーズ・ヴォルタ(MARS VOLTA)のジョン・セオドアが彼女に与(くみ)している.マドンナトリップホップへと雪崩れ込んだ頃を思わせるサウンドと,「光を放つ(光る)」という意味の名前と共にUtaDAは,日本人ならではの発音で,刺激的でヒップなサウンドを新たな音楽の地平へと運んでいる.「私は自分の音楽に本当に馴染むジャンル分けなんて出来ない.単に"ポップ・ミュージック"なんだって言いたい.でもそれはヒラリー・ダフ(Hilary Duff)の音楽を呼ぶ時の”ポップ”っていうのとは全然違うんだよ…」と彼女は皮肉を言う.「だから,いつも(自分の音楽の"ジャンル"を説明する時には),ただポップっていうんじゃなくって"インテンス・ポップ"(="情熱的な,情感の込められたポップ・ミュージック")なんだって言ってるの.」

文章:カルー・F・ダニエルズ
グリーンのドレスはアディダス,宝飾品は・・・読めねぇ.(涙)


訳者後記:

なんか,訳してておもしろい記事だなぁ,って思いました.アメリカマガジン,という雑誌が何なのか僕は知らないですが,本人が「休学中」だっていってるのにわざわざ「退学者(ドロップ・アウト)」て書くということは…いろいろ考えちゃいますね.(笑) 一方で,訳してる順番によるのかもしれませんが,彼女の名前が「ひかる」であることに初めて触れた記事となりました.でも,このままじゃ,『へぇ,日本じゃ"光る"ことを"ウターダ"っていうのか』としか思えないかも.(笑) まぁ,短い記事ですし,写真の挑発的な感じが好きなので,ヨシとしましょうか.…最後に.ジュエリーのメーカー?,なんて読むんだぁ!? 誰か教えてっ.v(^∇^)



原文と翻訳:NYポスト2004/9/19

引用元URL  http://www4.islanddefjam.com/media/utada/images/utadapost.jpg
**********

RISING STAR

By MAXINE SHEN
--------------------------------------------------------------------------------
Utada Hikaru was 15 when she released a debut record that sold 10 million copies.
--------------------------------------------------------------------------------
September 19, 2004 -- Don't call Utada Hikaru the Japanese Britney Spears - even if she is Japan's hottest young female pop star. "I hate that! It's a pet peeve," says the 21-year-old "J-pop" phenomenon, who's sold over 17 million copies of her four Japanese albums.

"I debuted [in Japan] before she did, but ever since she blew up in America, whenever I'm noticed by non-Asians, people would say, 'I hear you're the Japanese Britney Spears,' and I'm like, 'No, I'm not!'"

Still, Utada admits that the Britney comparison isn't completely unfounded.

"We're both young - I'm actually younger than her - and something about our characters hit our cultures," she says. "Americans are somehow obsessed with her, and something about me hit a spot with people in Japan."

Now the New York-born singer and songwriter is hoping to make her own mark in the U.S., where her first English language album, "Exodus," a multi-genre mix of pop, dance and funk grooves, will be released on Oct. 5.

A virtual unknown here, Utada leads a kind of dual existence, splitting her time between New York, where she's more or less anonymous, and Tokyo, where she causes a stir when she walks down the street.

The daughter of two musicians - her mother, Keiko Fuji, is a traditional-style Japanese singer who's famous in her own right - Utada has been a superstar in Japan since she was 15, when she released a debut that sold a whopping 10 million copies.



"People think I'm too unreal to be walking down the street; they don't expect it. Sometimes people look and they're like, 'No, it can't be,'" says Utada, who's learned to avoid walking on Tokyo's crowded streets and hitting CD stores during the day.

Although Utada wrote and produced most of the album, she got a helping hand from mega-producer Timbaland (Justin Timberlake, Missy Elliot) on three tracks - "Exodus '04," "Wonder 'Bout" and "Let Me Give You."

With lyrics like "I was dancing with a dirty blond Texan/Charming accent but the music's playing too loud/So I showed him how people in the Far East get down," the pop princess is showing off a racier image than the wholesome youngster her Japanese audience is familiar with.

In Japan, where over half a million copies of "Exodus" have already been sold, some of the lyrics have caused a stir.

"People are like, 'Oh my God, what's happened to her," she says. "In Japan, people don't really sing about sexual content ... [but] it doesn't have to be sleazy."

As with her lyrics, Utada has no plans to walk in the sketchy footsteps that have made some of America's pop tarts tabloid fodder. (For one thing, she's been married - to the same guy - since she was 19.)

"I'd rather be seen as a nice girl, and when someone gets to know me, say, 'Oh, so you're not exactly an angel," she says with a grin.


『新星――ライジング・スター』( By マクシン・シェン )

[写真のキャプション:ウタダ・ヒカルは1000万枚を売り上げたデビューアルバムを出した当時まだ15歳だった.]

2004年9月19日 ―― ウタダ・ヒカルを『和製ブリトニー・スピアーズ』だなんて呼ばないで! ―― 確かに彼女は日本で一番人気のある若手女性ポップスターではあるんだけど.「そう言われるのは好きじゃないな.よく言われるんだけどさ.」 J−ポップの「現象」といわれるまでなった21歳は,日本語で歌われた4作品の合計で1700万枚ものアルバムを売り上げている.
「(日本で)私がデビューしたのはブリトニーが出てくる前だったんだけど,彼女がアメリカで爆発した後には,アジア人じゃない人たちに出会ったときにすらいつでもこう言われたもんだよ,『アナタは"日本のブリトニー"なんだってきいてんだけど・・・』って.で,アタシは『んなわけないじゃん!』ってなっちゃうんだよね.(笑)」

とはいうものの,ウタダはブリトニーとの比較が全くの的外れだとまでは思っていないようだ.

「2人とも若いっつーか…まぁ実際私の方が年下なんだけど…ウチらのキャラがそれぞれの国のカルチャーにフィットしちゃったって言えばいいのかな,」とウタダは続ける.
「アメリカの人ってもう彼女にクビッタケだし(笑),私のキャラもなんか日本の人たちに「ビビビッ!!」ときちゃったみたいなんだよね(笑)」

そして今,このニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターは,この米国で自分の居場所を見つけることを望んでいる.彼女の初めての英語詩アルバム”EXODUS”が全米では10月5日にリリースされる予定なのだ.ポップやダンス,ファンク・グルーヴなどのあらゆるジャンルをミックスさせた内容になっているとか.

こちらでは無名の新人といっていいウタダは,二重生活的な人生を送っている.あんまり顔を知られていないニューヨークと,町を歩いてるだけで大騒ぎになる東京と.彼女の生活は二つに隔てられているのだ.

2人のミュージシャンの愛娘として(彼女の母藤圭子は日本の演歌歌手で…まぁこちらは独力で有名になったらしい)ウタダは15のときから日本ではスーパースターだった.彼女はデビューアルバムで1000万枚というとんでもない数字を叩き出したのだ.

「みんなあたしが町を歩いてるだなんて有り得ないって思ってるみたいで(笑).思いも寄らないこと,なんだろうね.ときどきあたしのこと見つけても『?…って,んなわきゃないよね!』って.(笑)」と,東京の雑踏の中を歩いたり昼間にCD屋をうろついたりすることを避けるようにしてきたウタダは語る.

ウタダはアルバムの殆どのプロデュースと作曲を手掛けたが,"Exodus '04/エキソドス'04","Wonder 'Bout/ワンダー・バウト","Let Me Give You/レット・ミー・ギヴ・ユー"[訳者註:曲名は原文が誤植です.正しくは"Let Me Give You My Love/レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ"]の3曲でメガ・プロデューサーであるティンバランドの手も借りている.(彼は,他にジャスティン・ティンバレイクやミッシー・エリオットとの仕事もしている)[再び訳者註:"Wonder 'Bout/ワンダー・バウト"のティンバのクレジットはリミックス.プロデュースはUtaDAとざねっち.他2曲はUtaDAとの共作&コ・プロデュース.]

"I was dancing with a dirty blond Texan/Charming accent but the music's playing too loud/So I showed him how people in the Far East get down,"『くすんだブロンドのテキサス男と踊っていたの 訛りはチャーミングだけどお喋りするには音楽がうるさくて 極東の人たちがどうやって楽しむのか教えてあげた(訳:新谷洋子)』といった歌詩でこの歌姫は,日本のファンが慣れ親しんだ彼女の「恥ずかしがりやの女の子」てなイメージを覆すようなキワドいトコロを見せている.

「EXODUS」アルバムは,既に日本で50万枚以上を売り上げており,そういった歌詩がちょっと話題になっているようだ.

「聴いた人たちは『あっちゃー,どうしちゃったの今回の宇多田は!?』みたいに言うわけ(笑)」「確かに日本ではえっちな歌詩をあからさまに歌うようなことはない…んだけど,まぁ下品ってほどでもないでしょ?(笑)」

そんな(下品でない)歌詩と同様にウタダは,今までのポップスターたちみたいにアメリカの辛口タブロイド紙[訳者註:日本で言うスポーツ紙みたいな新聞]のエジキになるような浅はかなマネをするつもりはないようだ.(なにより,彼女は既に19の時に結婚してしまっている.…同じ(日本人の)男性と)

「私って最初はどっちかっつーと”いいこ”に見られることが多いんだけど,私のことを段々よくわかってくると,みんな言うんだ,『へぇ〜,ヒカルちゃんて,いっつも天使ってわけでもないんだね!』ってね.(笑)」そう言って彼女はいたずらっぽく微笑んだのだった.




依頼:Nylon Magazine; June/July 2004
情報源はutada-online.net(http://www.utada-online.net/),
下の原文はそこのhttp://www.utada-online.net/article_nylon.htmlから
(無断(汗))引用させて頂きました.

Great Unknown
As Japan's biggest pop star- who is also just a normal student in Manhattan- Utada Hikaru has the best of both worlds. But for how much longer?

By Jeffrey Rotter
Nylon Magazine; June/July 2004

((01)) The woman in this picture led a double life. In New York City, her hometown, she's a Tolstoy fan who just took a leave of absence from Columbia University. She's unassuming, even a bit bookish. She shops at Gap. But in Japan she's got more fans than Yugi Oh. She sells out stadiums, and she did an MTV Unplugged.

タイトル:グレート・アンノウン(知られざる大物)

日本では最もビッグなポップスター,マンハッタンではただの普通の学生,そんなUtada Hikaruは両方の世界でベストな存在だ.でもそれもいつまでのことやら? 

文章:ジェフリー・ロッタ,
ナイロンマガジン2004年6〜7月号

この写真(註:雑誌を見ておくれ)の女性は二重生活を送っている.ホームタウンであるニューヨーク・シティでは,彼女はコロンビア大学を休学しているトルストイ好きの女の子だ.GAPなんかで買い物をする,控えめで本好きな感じの.でも,日本に帰ると遊戯王(註:日本発のマンガ/アニメ.海外でも大人気.ジャパニメーションの代名詞のひとつ的存在.)よりも多くのファンが居る.スタジアムをソールドアウトにし,MTVアンプラグドにも出演した.


((02)) Her name is Utada Hikaru, and she's one of Japan's biggest pop stars. Hikaru's debut album, First Love, sold about 10 million copies. A recent deal with Island Def Jam may put an end to her stateside anonymity. The singer-songwriter's first big US effort has a lot going for it. For one thing, Hikaru has reenergized her sound- gone is the precious pop of her Japanese releases, replaced by aggressive beats and an air of dance-floor sexuality that's strung with sonic gewgaws. For another thing, she called a Top-40 expert for a few of the tunes. Ten days in Miami with the can't-miss producer Timbaland resulted in three of the funkiest numbers on the record. "The whole time, I couldn't believe I was working with him," she says, obviously a bit star struck. "He said, 'You know, Utada, you're pretty dope.' I said, 'Thanks. You're pretty dope, too.'"


彼女の名前はUtada Hikaru,日本で最もビッグなポップスターのうちの1人だ.Hikaruのデビューアルバム「FIRST LOVE」は約1000万枚を売り上げた.最近アイランド・デフジャムと結んだ契約が,米国本国での無名時代に終わりを告げることになるかもしれない.このシンガー・ソングライターの最初の米国に向けての新しい大きな努力が今それに奉げられている.まずひとつ.Hikaruは自分のサウンドを充填し直してきた.日本でリリースしていた可愛らしいポップさは鳴りをひそめ,煌びやかな音の洪水を纏ったダンスフロア・セクシャリティ(註:なんて訳したもんかの〜?)と攻撃的なビートがそれに取って代わっている.もうひとつ.Top40エキスパート(註:日本じゃヒットメーカーといえばいいかな?)を幾つかの曲で起用したこと.(いつの時代も)影響力大なプロデューサであるティンバランドとのマイアミでの十日間は,彼女のレコードにファンキー極まりない3曲を残すに至った.『あたし,最後まであのティンバランドと仕事してるってコトが信じられなかったわ!』 自らのヒーローに出会えて,見るからに彼女は感激しているようだ.『彼が「なぁ,Utada,あんさんほんまアホみたいやったでぇ!」なんて言うから私も「そりゃどうも! でもアナタも負けてなかったわよ!」って言い返しちゃった!(笑)』(註:ティンバランドのおっさんが関西弁を喋ってるのは訳者の勝手な偏見です(笑))

((03)) But the singer's trump card is her Japanese-American identity- a singular perspective in pop music. In "The Workout," Hikaru sings, "I was dancing with a dirty blond Texan/I showed him how people in the Far East get down." She's well aware of her transcultural allure, and she works it. "Yeah, well, it's so fun to!" She says, "It's natural, because it's a big part of what I think about in my daily life. And it's something I can really take advantage of. It's a bit of a reaction- sometimes with their second album, people write songs about how they're famous but they haven't changed. But I already have this position that I can react to: I am Japanese, and it's really fun to be Japanese right now. I flip through the channels and I see all the old animes that I use to watch when I was really small- and I think, 'They're playing this in the US?'"


しかし,このシンガーの本当の切り札はその日本人であることと米国人であることの二つのアイデンティティを持っていることだろう…それは彼女にポップミュージックに関しての独特の視点を与えている."The Work Out"という曲で,Hikaruはこう歌っている.『黒いブロンドのテキサン(テキサス人)と踊ってたとき 極東の人間がこんな時にどうやるか見せ付けてやったわ』 彼女はよくよくわかっている――二つの違った文化を跨いでいることからくる自身の魅力のほどを.そして,それを見事にカタチにしたのだ.『ははは! そうね,そう考えるのも面白いかも!!』『でもね,それも自然なことなの.だって普段の日常の中で考えることっつったら殆どがそういうことばっかだからね〜! で,それが逆に私が一番有利な点でさ,例えばリアクションのことなんかでも…セカンドアルバムつくるときに,こんなに有名になっても自分たちが変わっちゃいないか,ってことを言いたくって曲書く人たちも居るじゃない? でも私はもうそういうのにリアクションできる立場に居るわけだから.私は日本人であって,んで今現在その日本人であることを心の底から楽しめてるの.テレビ見ててチャンネルを回してると(今はチャンネルを回すなんていわねーか!(笑))ちっちゃい頃見てた昔のアニメなんかが放送してるわけ! で「え?これってアメリカでもやってるの?」だなんて思っちゃう!』

((04)) The singer has an excellent pop pedigree. Her mom, Keiko Fuji, was one of Japan's most beloved singers in the 1970s. Her father, producer Teruzane Utada, gives her guidance in the studio and manages Hikaru's career


このシンガーはポップの由緒ある血統の持ち主でもある.彼女の母・藤圭子は,70年代の日本で最も愛された歌手のうちのひとりだったし,彼の父親である宇多田テルザネ氏は,スタジオでHikaruに指導を与える一方,彼女のマネージャもつとめている.
((05)) By any measure, Utada has it good. She can enjoy Xtina-scale adulation in Japan, but back home in Manhattan she can live like a normal twenty-something. So, why would she ever want to raise her profile on these shores? "My mom has actually asked me, 'What are you going to do if you do get famous here?'" She says, "Part of me is like: 'Yeah, right.' Then part of me is like: 'What if I do get famous?! I can't just walk into a deli at night wearing my pajamas!'"


いずれにせよUtadaはよろしくやっているようだ.彼女は日本では(米国で言えば)クリスティーナ・アギレラ並の過剰な注目を浴びることも楽しめるし,一方でひとたびマンハッタンの家に帰ってくれば何の変哲もない20代の女性として過ごすことも出来る.そう,じゃあ一体どうして”太平洋のこっち側”で有名になろうだなんて思ったの? 『実際,私のママもそういうの,「こっちで有名になって,アンタどうするつもりなのよ?」って.』 Utadaは続ける.『片方の私は「そうね,別にいいんじゃない?」って感じで,もう一方の私は「有名になったらどうしよう!? 夜中にパジャマ着てコンビニにおやつを買いに行くことも出来なくなっちゃう!」って感じ,かなぁ?』(註:コンビニだなんて書いてないっす念の為.deliって日本では何にあたるのかな?)


((06)) Still, Utada insists that American provides a kinder climate for fame. "I feel a bit freer here," she says. "Japan is the kind of place where if you get caught with weed, your records get taken off the shelves. I feel like there's a bit more room to find your own position here." And if American fame starts to drive her crazy? "I can go to Fiji or someplace."

とはいえ,Utadaは,米国人はもっと有名人に対して寛容なムードを与えてくれる筈だ,という.『こっちだと(日本に較べて)いくらか自由な雰囲気を感じる』『日本て国は,もし一回ドラッグで捕まったりしたらその人のCDが店の棚からなくなっちゃうような感じのトコなんだ.でもこっちだと自分自身のポジションが確保できる隙間,余裕みたいなもんが与えられてる気がする.』じゃあ,アメリカでの名声が頭痛のタネになり始めたらどうするの?『まぁそんときゃフィジーかどっかにでも行けばいいっしょ!(笑)』




本文&翻訳:Press Release from Island Records 2004/6/16
Press Release Source: Island Records


Remember This Name: Utada
Wednesday June 16, 6:32 pm ET
Exciting singer/songwriter to release U.S. debut on Island Records this fall
'One of the brightest young pop stars in the world.' - Christopher John Farley, Time Magazine


NEW YORK, June 16 /PRNewswire/ -- In Fall 2004, 21-year-old singer/songwriter Utada will introduce the U.S. to her enigmatic fusion of alternative, pop, dance and funk grooves with EXODUS, her U.S. debut on Island Records. The stylish young star composes, writes and arranges all her songs, infusing her music with seductive, witty lyrics and well-crafted melodies. She is joined on her debut album by some outstanding special guests that reflect her varied tastes: drummer Jon Theodore from Mars Volta delivers an infectious groove on "Kremlin Dusk," and master producer Timbaland, who adds his funky touch to "Exodus '04," "Wonder 'Bout" and "Let Me Give You My Love."
(Photo: http://www.newscom.com/cgi-bin/prnh/20040616/NYW163 )
Raised in New York in a musical family (her father is a musician/producer and her mom was a beloved traditional-style Japanese singer in Japan), Utada was fed a diverse musical diet of The Beatles, Led Zeppelin, Metallica, The Police, and Dr. Dre, all of whom left their mark on Utada's musical style. At age 13, she was approached by Toshiba EMI to write several Japanese pop songs, resulting shortly thereafter in her first major album for the label in 1999. The release sold over 10 million copies in Japan, catapulting Utada to superstar status at just 15 years of age. So watch out U.S. ... Utada fever is one the way this fall!

http://www.utada.com
こいつの名を忘れるな!:Utada

6月16日(水)東部時間18:32
この秋にアイランド・レコードから全米デビューアルバムをリリースするエキサイティングなシンガー・ソングライター.
『世界で最も光り輝いている若きポップスターのうちのひとり』―― クリストファー・ジョン・ファーリィ(タイム誌)

ニューヨーク,6/16/PRNewswire: 2004年秋,21歳のシンガー・ソングライターUtadaが,アイランド・レコードからの彼女にとっての全米デビューアルバム「EXODUS/エクソダス」によって今迄隠されていた彼女のオルタナティヴ/ポップ,ダンス,ファンキーなグルーヴを融合させた音楽をいよいよ全米に打ち出す.この洒脱な若きスターは総ての楽曲で作詞作曲編曲を手掛けている.彼女はその楽曲たちに魅惑的でウィットに富んだ歌詩と練りに練られたメロディをありったけ注ぎ込んだ.またUtadaはそのデビューアルバムで,目を見張るようなスペシャルゲストたちと共演している.その人選はは彼女の音楽の多様性を反映していて,ドラマーにはMARS VOLTAからジョン・セオドアが”Kremlin Dusk/クレムリン・ダスク”という曲でとどまることを知らないグルーヴの渦を持ち込んでいるし,名人級のプロデューサーである,かのティンバランドは”Exodus '04/エクソダス 2004”,”Wonder 'Bout/ワンダー・バウト”,”Let Me Give You My Love/レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ”といった曲に彼ならではのファンキーなタッチを加えている.ニューヨークの音楽一家の中で育ったUtadaは(父はミュージシャン/プロデューサであり,母は昔,日本でとりわけ愛された演歌歌手だった),ビートルズ/レッド・ツェッペリン/メタリカ/ポリス/Dr.Dreといった実に様々な音楽を栄養としてきていて,そういった影響の総てがUtadaの音楽スタイルの中に刻まれている.13歳のとき,東芝EMIから日本向けのポップソングをちょっと書いてみないかとアプローチがあり,程なくしてそのレーベルから最初のメジャー配給アルバムが完成した.それが1999年のこと.そのアルバムは日本で1000万枚を売上げ,まだ15歳だったウタダをスーパースターの座に押し上げた.さぁ,見てろよアメリカ! Utadaフィーヴァーはもうこの秋にまで迫っているぞ!



iおまけ・・・(”独り言”)
投稿者:i_ 投稿日:06/17(木) 13:03

うりゃっ! 用語&英語の解説だぃ!(かなり自分勝手なので注意!)


EXODUS/エクソダス(旅立ちとか出発とかそんな意味っす.宗教色も暗示する場合が多い.)

alternative/オルタナティヴ(ロックの一ジャンル,くらいの説明しか,もはや出来ん.(苦笑)ロックですらないか.)

funk grooves/ファンク・グルーヴス(…改めて説明しろといわれても難しいなぁ…こういう音楽って日本で市民権得てないからなぁ…ものすごく大雑把に言えばジェイムス・ブラウンみたいな音楽のエッセンス,とでもいえばいいか? 思わず身体を動かしたくなるようなタッチが音楽にある,ってことっす大雑把な意味だと.funkyの訳語って”イカした”くらいが適当かなぁ.)

Kremlin Dusk/クレムリン・ダスク(直訳だと”クレムリン宮殿の黄昏”になる.クレムリン宮殿は旧ソ連の政府中枢部.私見だけど,”太陽と戦慄”や”クリムゾン・キングの宮殿にて”で有名なKING CRIMSONを意識してたり…しないか(笑).)

THE BEATLES/ザ・ビートルズ(世界でいちばん有名なロックバンド.ジョン・レノンさん(故人)やポール・マッカートニーさん(現役)が居た.)
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/
LED ZEPPELIN/レッド・ツェッペリン(英国出身のハードロックバンド.全米でのレコードの総売上は軽く1億枚を超えるそうな.)
http://www.wmg.jp/zeppelin/
METALLICA/メタリカ(アメリカのヘヴィ・メタル・バンド.去年発売したアルバムは15ヶ国で初登場No.1でした)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/Metallica/
THE POLICE/ザ・ポリス(「宇多田ヒカルの”抱かれたい男No.2」として有名な(?)スティングさんの在籍していた英国のロックバンド)

Dr.Dre/ドクター・ドレー(ラップ・ヒップホップ界の”虎の穴”ともいえるN.W.A.出自のアーティスト.このジャンルのミュージシャンに関しては詳しくないんであんまり喋らないでおこう.でも一回「トレボヘ」で掛かったよね?)

"Wonder 'Bout"は何て訳したらいいのかわかんない.誰か助けて!

"Let Me Give You My Love"は直訳すると『私の愛をあなたに与えさせて』なわけだが,こういうシンプルな英語は歌詩を見るまで何て訳せばいいのかとんと見当もつかん.


追伸:昼御飯食べてる時間がねぇーーっ!!(T∇T)