×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 ENGLISH  JAPANESE

プレイラウダー特集記事

http://www.playlouder.com/feature/+utada/


Daniel Robson  ダニエル・ロブソン

'Exodus' is released 24th October on Mercury

「エキソドス」は、10月24日にマーキュリー・レコードから発売です。

投稿者:i_  投稿日:10/28(金) 21:56
You've never heard of Utada Hikaru, but she's a megastar. She's released four albums, held the global Number One album twice, sells around as many records in Asia as Robbie Williams does globally and, since the age of 15, has been the most popular artist in Japanese history. She's one of those awful people - talented beyond all fairness, and rich and good-looking to boot. Now, this reluctant pop idol is poised to take on the West - and she's gonna do it her way, thank you so very much.
貴方は、UtaDAという名をきいたことがないだろう。しかし、彼女は大スターなのだ。これまでに4つのアルバムをリリースしており、2度グローバル・チャートでNo.1を記録(註:つまり、その週世界一の売上だったというのが2回あったという話)、アジアでだけでロビー・ウィリアムスが世界中で売るのと同じくらいのレコードを売り放った。そして、15歳の頃から今まで、日本の歴史上もっとも有名なアーティストなのである。彼女は、人間の中でも最も恐るべき者のひとりだろう――総ての美と公正を超越した才能と莫大な富を持ち、おまけにルックスにまで恵まれているのだ。さて、このやる気のなさそうなポップ・アイドルが、今度は西に進軍してくる覚悟だそうな。しかも、あくまでも彼女なりのやり方で。実になんともありがたい話である。

Born in New York to Japanese parents, Utada (say it: oo-tada) never wanted to be a pop star. Her parents were both musicians, and it struck her as a pretty unstable living; instead, she wanted to go to university and get a normal office job. You know, as people do. But her destiny held greater things - her debut album 'First Love' was released in Japan in 1999 and was an instant success. Straight in at Number 1. Six weeks at the top of the chart. Five million copies sold in one month. Overnight, Utada Hikaru became a household name - at 15 日本人の両親を持ちながらニューヨーク生まれ、UtaDA(ウッターダと発音してくれ)はポップスターになりたがったことは一度もない。両親は二人ともミュージシャンで、その余りにも不安定な生活に彼女は衝撃を受けたらしい。そんな家業を継ぐ代わりに、大学に進学して普通のオフィスで仕事を得たかったんだとか。そう、あなたが普段そうしているように。しかし彼女の運命には、全然並々ならないことばかりが待ち受けていた。彼女のデビューアルバム「First Love」は1999年に日本でリリースされ、瞬く間に成功を収めた。即座にNo.1の座に上り詰め、6週間の間チャートのトップを飾っていた。500万枚をたったひと月で売り、一夜にして「ウタダ・ヒカル」の名は誰もが知るところとなった――彼女はまだたった15歳だったというのに。
“It kinda went to my head,” Utada admits with a laugh, as we chat in her plush hotel suite overlooking London's Hyde Park. “But I mostly saw the negative side of fame. I just wanted to go out with my friends like everyone else, but there were paparazzi everywhere. Also, I was in America and reading all this stuff about young stars losing loads of weight and having a really hard time, and I though it sounded horrible. I wasn't interested in that at all.”

「確かに、ちょっとアタマにキテますた。(苦笑)」笑いながらUtaDAはそう認める。ロンドンのハイド・パークを見やりながら今、私たちは豪奢なホテルのスイートルームでお喋りをしているところだ。「だって、有名になってもちっともいいことなかったんだもん。ただ、みんなと同じに友達と外に出かけたいだけだったのに、パパラッチがそこらじゅうに居たから、、、。それに、アメリカに居たときも、若いスターたちが痩せ細ってホントに苦しい時期を過ごしてる、とかそういうことを読んで、それだけで私が怖くなってたというのに。もう、そういうことには最初っから全然憧れとかなかった。」
Listening to 'Exodus', her fourth release but only the first to be released outside of Asia, it's clear that Utada's determined to take control. This English-language album was written as a way to expand her boundaries, both geographically and creatively, and sees Utada pushing her songwriting, her singing and her production skills to their very limits.
彼女にとって4枚目、といってもアジアの外側には初めてのリリースになるのだが、この「エキソドス」という作品に耳を傾けてみると、UtaDAが舵をとっている様子がありありと伝わってくる。この英語詩アルバムは彼女の境界線――それは地理的な境界、国境でもあるだろうし、創造についての限界でもあるだろう――を押し広げるような方法論が貫かれている。そこには、UtaDAが、自身のソング・ライティングと歌唱、それにプロダクション各々のスキルの限界を押し上げているさまが見て取れる
It's the last thing in the world you'd expect from the girl who's been dubbed the Japanese Britney Spears (a comparison she detests). Eschewing the bloated J-pop epics that made her an unwilling star, 'Exodus' is an intensely personal, introspective album, written and recorded almost entirely by Utada herself. It soaks in countless genres - r'n'b, electronica, rock, girlie pop and more - and wrings them out as one. It shares the lone craftsmanship of Nine Inch nails, Bjork's inventive talent, the moody pout of Sugababes and Radiohead's studio savvy. You might even say that 'Exodus' is Utada's 'Kid A'. It's dark, danceable and delicious, and aimed squarely at the West. この作品は、“日本のブリトニー・スピアーズ”と渾名される女の子から期待できることからは、最も程遠いものだ。(ある意味、彼女にとってそれは徒名ともいえよう) 事実、UtaDAはブリトニーと比較されることを酷く嫌っている。彼女を望まれざるスターに仕立て上げたJ−ポップで歌われる大袈裟なストーリーとは一線を画し、この「エキソドス」は、強烈なまでに個人的・内向的なアルバムになっている。UtaDA自身によってほとんどが作曲・録音されているためだろう。この作品は数限りないジャンルに侵食している。R&Bエレクトロニカ、ロック、ガールズ・ポップ、などなど・・・そして、それが一体となり濃縮されてひと連なりの音として流れ出すのだ。それはまるでナイン・インチ・ネイルズの孤独な職人芸を継承したかのようでもあるし、ビョークの創発的な才能をも彷彿とさせるし、不機嫌なときのシュガーベイブスのようでもあるし、レディオヘッド的な豊かなスタジオ知識をも垣間見せる。もしかしたら、聴いた人はこの「エキソドス」をUtaDA自身の「キッド・A」(レディオ・ヘッドの2000年のアルバム)的作品とも捉えるかもしれない。ダークで、ダンサブルでもあり、豊穣な味覚に溢れ、几帳面に西側仕様に仕上がっている。
'Exodus' was released in America in October 2004. And for the first time in Utada's career, it was a flop 「エキソドス」はアメリカでは2004年10月にリリースされた。そして、それはUtaDAのキャリアの上で、初めての失敗といえた。
“That was disappointing,” she says, brushing her long black hair from her wide, expressive eyes. “But I chose to make the album I wanted to make. Maybe if I'd done a pop album and let some big producer write my songs, it would've sold better. But what would I get out of that? I'm really pleased with this record.”
彼女は「結構ガッカリしたんだよぉ〜(泣)」と、長い黒髪を弄くりながら印象的な瞳を大きく見開いて話す。「でも、私は自分の作りたいアルバムを作ることを選んだの。もしかしたらポップなアルバムにするべくどこかのビッグなプロデューサに曲でも書いてもらえば、もっと売れてたかもしれないけど。でもそんなことして何になる? 私はこのレコードに心から満足してるんだよ。」
Anyway, it wasn't a flop in Japan, and now that it's being released here in Britain, it'll hopefully fare better. In fact, Utada's already struck a chord with sensible Britons Elton John and Nick Rhodes, who each wrote about her in US magazine Interview.
いやいや、日本では成功したんだし、今は英国でリリースされる番じゃないか。願わくばよりよい結果が得られんことを。実際、UtaDAの作品は既にエルトン・ジョンやニック・ローズといった英国のご意見番たちの琴線に触れている。ニックの方は、アメリカの雑誌「インタビュー」誌で彼女についての記事を寄せてすらいる。(過去ログ倉庫参照のこと)

“It was great to hear what Elton said about me!” she gushes humbly. “I read about it on one of my fansites and I couldn't believe it, but I picked up the magazine and there it was. That was very flattering. And Nick interviewed me for his article. That was an interesting conversation - it turns out he's quite up on his Japanese culture.”
「エルトンが私にコメントしてくれてるってきける、それってすごくない!?」 UtaDAは謙虚そうにはしゃいでみせた。「そのことを私のファンサイトのひとつで読んで、いや、信じられなかったな! で、その雑誌とやらをチェックしてみたら、ホントにあったよそこに!(笑) クラっときたかも。(苦笑) それと、ニックは私にインタビューして記事を書いてくれて。面白い対話だったよ――彼が、日本のカルチャーに関して彼なりに造詣が深いってこともわかったし。」
Another star who bangs on about Japan is Gwen Stefani, who has flogged to death her “Harajuku girls”. The astute onlooker might argue that Gwen's thought, “Oooh, Japan! That's up and coming these days”, and used the girls of Tokyo's alternative fashion district as a mere accessory. But then again, could this approach make Japanese artists more accessible and less alien to UK listeners?

日本についてこだわるもうひとりのスターといえばグウェン・ステファニだ。彼女は何度も「ハラジュク・ガールズ」というフレーズを繰り返し使っている。醒めた目で見ている傍観者たちは『グウェンは“おーっ!日本がっ!今キテる!最近アガってる!”と考えて、単なるアクセサリーとして、東京のもうひとつのファッションのメッカの女の子たちを利用したんだろう?』と喝破するかもしれない。しかしだ、だからといって、そのアプローチが、UKのリスナーにとって、日本のアーティストをより身近にし、異質者として見られないようにすることに成功したというのか??
“Knowing Japanese culture from the inside, I find it funny that she's using Harajuku fashion as a concept,” considers Utada. “Maybe it's like a British person watching an American talking in a feigned British accent. But I don't think her use of Japanese images really affects me or how well my music will be accepted in the UK or America. Like, maybe if I was coming across as some red-carpet crasher and turning up in Harajuku clothes, people would say, 'Oh, she looks like the girls in the Gwen Stefani videos', but I don't do that. Gwen's just picking up on the fashion side of it, and that's nothing to do with me.”

「内側から日本のカルチャーを知ると、グウェンがハラジュク・ファッションをコンセプトとして使ってることの面白さがわかるよ。」とUtaDAは考えている。「思うに、イギリス人が、わざとブリティッシュ・アクセントでしゃべるアメリカ人を眺めてるようなもんなんじゃないかな? といっても、彼女が日本のイメージを利用することが、私に実際に影響を与えるとは思わないし、UKやUSで私の音楽がどれだけよく受け入れられるようになるかってことに関係してくるとも、思わないけどね。そうね、たぶん、もし私のために手厚く敷かれたレッドカーペットを蔑ろにして原宿ルックで歩いてきたら、みんなこう言うだろうね、“おぉ、彼女はまるでグウェン・ステファニーのビデオに出てきた女の子たちのようだ”ってね。でも、私はそうするつもりはない。グウェンは原宿の、日本のファッションの側をピック・アップしてるだけでしょう。それなら、それは私には関係のないことだわ。」
Do you like her music?
グウェンの音楽はどう?
“I love that track 'Hollaback Girl'. I was singing it for a while not knowing who it was.”

「“ホラバック・ガール”は大好きよ! 彼女の名前を知るまえから結構この曲を口ずさんでたんだ。」
Aha! Synchronicity! The wonderful 'Hollaback Girl' is the work of one Pharrell Williams, who produced Utada's very first foray into the Western market. Before all this 'Exodus' business, Utada recorded 'Blow My Whistle' with NERD for the 'Rush Hour 2' soundtrack. The song was far and away the soundtrack's talking point among Americans. It primed Utada for her Western advances, and probably didn't hurt when approaching Timbaland; he produced three tracks for 'Exodus', including the utterly filthy flirt-fest 'Let Me Give You My Love'
アーハ!ここにもシンクロニシティが!(註:共時性・本来は、偶然同じ事が別の場所で同時に起こることを意味する。ま、なんでもいいやw) この素晴らしき“ホラバック・ガール”を手掛けたのはファレル・ウィリアムズ、そう、UtaDAがイの一番に西側の市場に控えめな殴り込みをかけた曲をプロデュースしたのが、この男だったってわけ。この「エキソドス」にまつわること総てより前に、UtaDAはN.E.R.D.とともに映画「ラッシュ・アワー2」のサウンドトラックの為に“ブロウ・マイ・ウィッスル”を録音している。この曲がアメリカ人の間でこのサントラで最も語るべきポイントだと思われることはなかった。とはいえ、UtaDAの西側への進出への準備とはなったろうし、それがティンバランドへのアプローチを妨げるようなことも、多分なかったろう。(ティンバランドは、「エキソドス」で3つのトラックのプロデュースをしている。そのうち“レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ”は、まるで不埒で浮気な騒ぎについての曲。)
“Yeah, I thought about working with a producer for a few songs on 'Exodus' but I didn't really think it would happen,” says Utada. “I chose Timbaland because I was a big fan of Aaliyah. I didn't think he'd go for it but I was like, 'Let's just ask him and see what happens'. He had his team of songwriters that he works with, and I had to meet them before I could meet him. I had to explain to them that I write my own material and I didn't want someone to hand me a finished song.”
「あのね、私『エキソドス』の2〜3曲で誰かプロデューサと仕事しようと思ってはいたんだけど、自分でもこれが実現するとは思ってなくって。」とUtaDAは言う。「ティンバランドを選んだのは、私がアリーヤの大ファンだったからなんだ。最初、彼が引き受けてくれるとは思ってなかったんだけど、私自身は『まぁまぁ、とりあえず頼んでみないと何も始まらないでしょ、後のことは後から考えるべ!』って感じでね。彼には、一緒に仕事するソングライターチームが居るから、まず私は彼に会う前に彼らに話をしなくちゃいけなかった。私は自分で素材を書いているから、完成した曲を私に渡してくれる誰かは要らないんだってことを説明しなくちゃいけなかったんだ。」
Still, she values his contribution to the album immensely. “He was as crazy as you'd expect - he'd come out at 1am and start working. He would tell me when he loved a part I came up with, and when he thought parts had problems, like if a verse was too busy, or a line was confusing. It was funny - I wrote a song called 'Let Me Give You My Love' about an interracial relationship. It had a line that went, 'I got what your sister don't,' by which I meant, my genes are very different from yours or your sister's. But Timbaland said for a second it suggests incest to him! So we laughed about it and I changed it. It turned out I liked my newer lyrics much better.”

もちろん、UtaDAはティンバランド自身からのアルバムへの貢献の大きさは高く評価している。「期待通り、彼はキてましたよ!(爆) 午前1時にやってきて仕事を始めるの。私の思いついたパートをとても気に入ってくれたときも、何か問題があるときも(Aメロが忙しなさ過ぎる、とかメロディラインが紛らわしい、とか)、彼は私にそのことをちゃんと言ってくれた。ひとつ、面白かったことがあって――“レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ”っていう曲を書いたのね、私。異なった人種同士の関係を歌ってるんだけど、最初、こんな風に歌詞を書いたの。「I got what your sister don't/私はあなたのお姉さんが持ってないものを持ってるの(註:訳は訳者による)」って。これ、私が言いたかったのは、「自分の遺伝子はあなたの遺伝子とは全然違ってる、つまり、あなたのお姉さんの遺伝子とも全然違ってるのよ?」ってことだったんだけど、ティンバランドってば、一瞬間をおいてこう言ったんだ。「あれ? 姉弟の禁断の恋に割って入るって話じゃなかったの?」って!(爆) 私、それ聞いて大笑いしながら歌詞を直したんだ。おかげで、新しい歌詞はもっと私のお気に入りになったってわけだ。」
Another guest on the album is The Mars Volta's John Theodore. “I wanted some live drums on the song 'Kremlin Dusk' and he was my favourite drummer,” says Utada. “He and his girlfriend came to stay in New York around Christmas time, I put them up in a hotel for a few days and we worked on it.”
アルバムに迎えられたもう一人のゲストはマーズ・ヴォルタのジョン・セオドア(註:正確なスペルはJon Theodore)だ。「“クレムリン・ダスク”って曲に生演奏のドラムが欲しくなっちゃって。彼は、もともと私の大好きなドラマーだったしね。」とUtaDAは言う。「彼と彼のガールフレンドがクリスマスの時期の頃ニューヨークにやってきてて。2〜3日二人をホテルに拘束して(笑)、彼と一緒に仕事したの。」
But aside from that, 'Exodus' is a one-woman show, with Utada recording on her laptop, keyboard and guitar. So accomplished are her production skills, her own songs easily outshine the Timbaland tracks. She takes her equipment everywhere she goes, ready to harness any inspiration as it comes. “I use Logic, and sometimes I'll start with a beat or sometimes a bassline, and then I'll add everything else, the melody and the lyrics. Then when I go into the studio to make a demo, that's usually the first time I'll try to really sing the vocals. Sometimes I'll be like, 'Why did I make it so hard?' haha.”
それを別にすれば、「エキソドス」は一人の女性がラップトップとキーボード、そしてギターでワンマンショーをやっているようなものだ。彼女のプロデュース能力が結実した楽曲の数々は、ティンバランドのそれを軽く凌駕する出来栄えですらある。UtaDAはどこに行くにも自らの楽器・器材を携えているらしい。思いついたときにそのインスピレーションをモノにするために。「私はロジックを使っているの。あるときはビートから作り始めることもあるし、あるときはベース・ラインから作り始めることもある。そうして、そこから他の全部を付け加えていくのよ。メロディとか詩とかをね。そのあと、スタジオの中に入ってデモを作って、そんときだねいつも、初めて本当にヴォーカルを歌おうとするのは。(そんな順番だから)ときどきアッタマくんだよね『どうして私、こんな歌いにくいメロディ作っちゃったの!?』ってね。(笑)」
She writes on her keyboard as she's still getting to grips with the guitar - “I'm hardly Brian May yet!” - but Utada maintains that she's not a techie. “If you really want to do it, you can learn how to use all this stuff. People are always surprised I can do this, especially because I'm a girl and there aren't that many girls who do production. But it's actually pretty easy.”
UtaDAは、今はまだギターを使いこなそうとしている段階なので、キーボードを使って曲作りをしている。「まだまだブライアン・メイみたくはなれないね私は!(笑)」―― とはいえ、彼女は自分が特別な専門家などではない、と言い張っている。「もし心からやりたいことがあるのなら、道具の使い方なんてどれだって覚えられちゃうはずよ。みんな、どうして私がそんなことができるのか驚いてるみたいだけど、、、特に、私はただの女の子で、プロデュースに携わってる女の子なんてそんなにいないからね。でも、実際はすんごくカンタン。」
They say that travel broadens the mind, and Utada's living proof. She's seen the world, and her unusual lyrics evoke powerful imagery - Tokyo traffic jams, mirrored hotel lobbies, Texan dancefloors. They also conjure bleak, lonely images of a girl who grew up too fast, who has thrown herself into music at the expense of every other aspect of a normal life. Okay, some songs wander into cliched love song territory, but others are bare, honest and revealing. 'Devil Inside' tells of her need to stretch herself, to get away from the harsh glare of the pop idol spotlight and be taken seriously as an artist. And on dancefloor-friendly album standout 'Hotel Lobby', she juxtaposes her very public teenhood with the life of a hooker.

旅は見識を広めると人は言うが、UtaDAはまさにその生き証人だ。彼女は世界を見てきている。その並々ならない歌詩の数々は、想像力を激しく喚起する。東京の交通渋滞、鏡の中のホテル・ロビー、テキサスのダンス・フロア。それはまた、余りにも速く成長し過ぎた一人の少女の、荒涼とした孤独の風景を彷彿とする。UtaDAは、普通の人の人生にみられる他のあらゆる側面を犠牲にしてその身を音楽に捧げている。あぁ、そうだね、認めるよ、確かにいくつかの楽曲のテーマはありふれたラヴ・ソングの範疇に迷い込んでいるだろう。しかし、大半の楽曲は、生々しく、率直で、暴露的だ。“デヴィル・インサイド”には、UtaDAの、自らをポップアイドルにあてられるどぎついスポットライトと好奇の眼差しから逃れさせ一人のアーティストとして見てもらいたい、という切実な願いが込められているし、アルバムの中でもダンスフロアに最も適していると思しき“ホテル・ロビー”では、彼女の公人としての性格が強すぎた10代のころの生活と、娼婦の人生が重ねあわされている。
“Sting once said that the older you get, the less you write about yourself and the more you take on characters,” she explains. “When I wrote my first album I had 15 years of my life to write about, but it's not like I had 17 years for the second one, it was just the two years in between, and I couldn't write about myself that much. So, for that song I had lots of images in my head. ”
「昔、スティングが言ってたことなんだけど、彼は年齢を重ねるに従って自分のことについての詩を書かなくなっていって、それより誰かの役割を演じるようになっていったんだって。」とUtaDAは説明する。「私がファースト・アルバムの曲の歌詩を書いていたころは、自分の15年間分、詩に使えるネタがあったわけさ。ところが、セカンド・アルバムには17年分まるまるあるってわけじゃない。間に2年間しかなかったわけだから。(笑) そんなに、自分のことについて書くことがあるわけじゃなかったし。だから、セカンド・アルバムには、私のアタマから生まれた想像をもとにした曲が多いってわけ。」
“I lived in a hotel for a couple of years in New York to avoid the paparazzi,” she continues. “It might sound great living in a hotel but it was really weird. I spent a lot of time in hotel lobbies, so that wound up in there, and I had this vision of mirrors. Also, there was a lot of money around, so that made it in, too.” 「2〜3年間ニューヨークのホテルで暮らしてたことがあるんだ。パパラッチから逃れるために。」とUtaDAは続ける。「ずっとホテル暮らしだなんて豪勢じゃな〜い!って思うかもしれないけど、実際は何かヘンな感じよ?(苦笑) 長い間ホテルのロビーで過ごして、そしてそこで一日が終わる。だから、鏡のアイディアを思いついたのもそこで、だよ。確かに、お金が溢れ返っていたし、そういうところもちゃんと盛り込んでいるわけ。」
Oh, nearly forgot about the money part. Since the age of 15, Utada has been filthy-rich. This was a source of much awkwardness as a teen, as she had no way to fritter her francs: she was too young to buy a car or a house, and too straight-laced to buy booze or drugs like any British person might. Now that she's 22, Utada says she enjoys her spoils a bit more - she has an apartment in New York, and lives in LA with her hubby, and she's learning to drive - but she's surprisingly frugal. おっと、お金のパートについて忘れてしまうところだった。15歳のときには、UtaDAは腐るほどの富を勝ち得ていた。それは、10台の女の子を強張らせる原因としては十分だった。だって、彼女にはそのフラン(註:フランスの通貨。まさかフランスの銀行にお金を預けてるわけでもないだろうから(今はユーロだろうし)、単にお金という意味かと思われます。)を浪費する方法がなかったんだもの。彼女は車や家を買うには若過ぎたし、イギリス人アーティストたちがやるように酒や薬を買えるような性格も環境も持ち合わせていなかった。しかし、今ようやっと22歳になったUtaDAには、自らの“努力の成果”を使う楽しみが少しだけ増えたはずだ。ニューヨークのアパートメントに住み、LAには夫との愛の巣を持ち、運転免許も取ろうとしている。(註:海外じゃもう取ったハズじゃん。) しかし、それでも彼女は驚くほど質素である。
She's also made a fair whack for her label. Indeed, her press release and almost every article written about her (including this one) boast that she's sold this many records, or she's the fastest-selling that. If that were us, we'd start to feel like a commodity after a while...

UtaDAはまた、彼女に貼られるラベルについても、正当な反論を行った。確かに、彼女に関するプレス・リリースなり雑誌・新聞の記事なりは(今あなたが読んでいるこの記事も含め)、どれもこれも、彼女がどれだけ多くのレコードを売ったのか、どれだけ速くそれを売ったのか、といったことを書き立てる。(註:全くだ。) もしそれが我々の身に降りかかったのなら、おそらくはしばらく経ったあとにはそれが日常茶飯事だと感じ始めるのだろうが・・・・・・。
“Well, in many ways I am one,” counters Utada. “The thing is, when I debuted in the States and over here, I did it in an unusual way. Normally, no one knows anything about you and it all comes out piece by piece, but for me, so much has happened already in Japan. So it becomes a way of telling people about me, that I've had all these successes.” She pauses, then adds, “On the other hand, the whole Big In Japan thing is kind of a cliche, so I still have to prove myself.”

「そうね、私はいろんな意味で、独特なんでしょうね。」そうUtaDAは切返す。「問題は、私がアメリカで、そしてこの国(UK)でデビューするとき、普通の方法ではデビューできないってこと。普通は、誰も何も知らない状態から、ひとつずつわかっていってもらうものなのに、私の場合、多くのことが既に日本で起こっちゃってるわけ。だから、みんなに私のことを説明しようとすれば、そういう成功の総ても話すことになっちゃう。」ここで彼女は少し間を置いて、そして付け加えた。「でも一方で、“ビッグ・イン・ジャパン(日本でだけ成功すること)”みたいなことも珍しくなくなってるから、まだまだ私は自分のことを証明し続けなきゃいけないでしょうね。」
And prove herself she shall. This bright young lady labels herself unambitious, but in fact she works bloody hard, and will continue to do so until the West is on her side. She doesn't expect success overnight (“I already know what that feels like!”) and she doesn't seem to care how long it takes. And when she's achieved all she can with music, she'll go on improving herself by hanging up the microphone and going back to college.
しかし、それを彼女はやりとげることだろう。この聡明な若い女性は、自らを欲のない人間だと位置付けてはいるが、その実、血の滲むような努力を繰り返している。そして、西洋が自分の庭になるまでそれを続けるつもりだ。UtaDAは、一夜にして成功することを望んではいない。(「だって、それがどんな感じがもう知ってるからね!(もうたくさん!(笑))」) だからこそ彼女は、それがどれだけ長くかかろうとも気にしていないようなのだ。もし自分が音楽でできるすべてを成し遂げたとしたら、彼女は自らを更に研鑚するためにマイクをステージに残して大学に帰るつもりなんだとか。
Humble to the last, Utada Hikaru remains realistic about her chances in the UK, a country that is notoriously guarded when it comes to foreign artists. “I don't want to be the next Kylie,” she says, before joking, “I find that my gay friends tend to like my music, so maybe the gay scene here will be into it!”
最後まで謙虚さを崩さなかったウタダ・ヒカルは、UKでの成功のチャンスに関しても、未だ現実的な視点を失っていないようだ。この国は、確かに海外から来るアーティストに対して、恐ろしいほどに保守的なのだから。「別に、“第2のカイリー(・ミノーグ)を狙ってるわけじゃないし。(笑)」(註:彼女は豪州人でありながら英国で大成功を収めたことで有名、らしい。) 彼女は、冗談めかしてこうも言う。「私の音楽って、ゲイの友達になぜか人気があるんだよね! だから、こっちのゲイのシーンには入り込めちゃうかもしれんわい! ぶわっはっは!(≧∇≦)」
She wants to find her niche here - after all, she prefers our cloudy weather to the paralysing sunshine of LA, and loads of her favourite artists hail from this small island. But is the UK ready for Utada's unique brand of genre-straddling pop? We're about to find out...

UtaDAは、自らにふさわしい場所をここで見つけたがっている。どうやら彼女は、目も眩むようなLAの日差しより、我々の不機嫌な曇り空の方がお好みらしい。そして、彼女の大好きなアーティストたちの多くがこの小さな島の出身なのである。しかし、ならばこの我々の方は、UtaDAのユニークな、ジャンルにまたがったポップ・サウンド・ブランドを受け入れる準備が、果たして出来ているだろうか? 我々は、それを見極めていかなくてはならなくなったのだ・・・・・・。