×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 ENGLISH  JAPANESE

「フィメール・ファースト」特集記事

http://www.femalefirst.co.uk/celebrity_interviews/99442004.htm

UtaDA・インタビュー:日本一の有名人!

投稿者:i_  投稿日:10/28(金) 22:05
October 11, 2005, 11:10:50 After becoming a huge star at the tender age of 15, Japans biggest female star is about to release her dynamic new album Exodus in the UK on the 17th of October.

A veteran of the business at only 22-years-old, Exodus is Utada Hikaru's (Hikki to her fans) second attempt at an English language album (the first recorded in 1995, when she was 12, was never released). It follows on from the success of her previous three albums, that in total have sold a staggering 20 million copies in Japan alone.

Her debut Japanese language album entitled 'First Love' that launched her as an undeniable force to be reckoned with became an instant hit. It went straight to number 1 and is still Japans biggest selling debut album ever!
2005年10月11日11時10分50秒 15歳という幼さでビッグスターになった日本最大の女性スターは、10月17日、UKでダイナミックなニューアルバム「エキソドス」をリリースする予定だ。

僅か22歳にして彼女は既にこの業界のベテランといえる。この「エキソドス」は、ヒカル・ウタダ(ファンにとっては“ヒッキー”)の英語詩アルバムへの二度目のチャレンジとなる。(一度目の録音は1995年、彼女が12歳のとき。UKでは公式にはリリースされていない。) このアルバムは、日本だけに限ってもトータルで2000万枚以上という途方もない数を売り上げた三枚のアルバムの成功に引き続くものだ。

「First Love」とタイトルされた彼女の日本語詩のデビューアルバムは、その正視せざるを得ないほどの抗いがたい力でもって彼女を瞬く間に(スターダムに)押し上げる大ヒットを記録、同アルバムはすぐさまナンバー1に上り詰め、そして未だに日本での過去最大セールスデビューアルバムなのである!
Utada's story is an interesting one. Born in New York City and raised in Japan (where she gets mobbed on a regular basis) Utada spent most of her time between America and Tokyo, where she would join her mother (a famous enka singer) and her father ( a musician/producer) in the studio. It was here that she wrote her first song and gained a taste for the business

Although she encompasses all you would expect from a Japanese pop star; the small frame, the shiny black locks and the gorgeous almond brown eyes, Utada is as far from the Harajuku girls that Gwen Stefani often sings about as you could possibly get. She is more like the intriguing Japanese version of Iceland's finest, Bjork.


And unlike many popstars, who have no choice in what they sing, Utada creates nearly everything to do with her music, from lyrics to melodies, from conception to birth and frankly she wouldn't have it any other way.

But on her new album Exodus Utada has allowed some outside influences to penetrate the mould. She has work with Timberland, who produced three tracks on the album and Mars Volta drummer, Jon Theodore who performs on the track 'Kremlin Dusk' adding a new flavour to her electro/pop inspired songs.
UtaDAの生い立ちは実に興味深い。ニューヨークに生まれ日本に育ち(普段こちらでは民衆に取り囲まれてしまう)、アメリカと東京の間で殆どの時を過ごした。どちらの場所でもUtaDAはスタジオで母と父(著名なエンカ歌手とミュージシャン/プロデューサ)と共に過ごす。彼女が最初の曲を書き、この業界の味を覚えたのもそこでだったわけだ。


UtaDAは、ジャパニーズ・ポップ・スターに期待される全てを網羅している――小さく整った顔立ち、眩しい黒髪に丸く大きなブラウンの瞳――とはいえ、グウェン・ステファニが時折歌に取り上げるハラジュク・ガールズたちからは、貴方が単に想像できる以上に掛離れている。UtaDAはどちらかといえば、不可思議な魅力を持つアイスランドの最高峰ビョークのジャパニーズ・ヴァージョンといったほうが近い。

他者に歌の方向性の制約を設けられてしまう多くのポップスターたちと違い、UtaDAは、歌詞からメロディに至るまで自身が携わる音楽のほぼ総てを自ら創り出している。楽曲の着想を得てそれに形を与えるまで、文字通り彼女は誰の手も借りることはない。

しかし。このニューアルバム「エキソドス」において、UtaDAは自らの殻を打ち破るために外部からの影響を受け容れたのだった。ティンバランドが、彼女とともにアルバムで3つのトラックのプロデュースをしたし、マーズ・ヴォルタのドラマーであるジョン・セオドアが“クレムリン・ダスク”という曲でのパフォーマンスで、UtaDAのエレクトロポップ調の楽曲たちの間に新しい風を吹き入れている。
2ページ目 → http://www.femalefirst.co.uk/celebrity_interviews/99442004-2.htm
During her recent promo tour of the UK, Femalefirst's, Sarah Williams caught up with Utada for a chat about her album, the transition from superstar to emerging artist, her secret ambition to be a chef and the inspiration for her new single 'You Make Me Want To Be A Man.'


Hi Utada - You are perhaps Japans biggest export, but for those of who don't know you so well tell us a little bit about your background?
最近のUKでのプロモ・ツアーの間、「Femalefirst/フィメール・ファースト」のサラ・ウィリアムズは様々なことについておしゃべりをしようとUtaDAを捕まえた。アルバムのこと、スーパースターの頂点から今また上り調子のアーティストへの遷移、彼女に秘められた「シェフになりたい」という野望、ニューシングル“ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン”のヒントになったインスピレーション、などなど…。

Hi UtaDA.貴女は多分日本からの最大の輸入品、ってことになると思うけど、貴女のことをよく知らない人たちにちょっと貴女のバックグラウンドとかきかせてくれるかな?
Utada: I come from a very musical family and I have grown up with music. I began writing my own songs when I was about eleven, so this is my first English album that is going to be released soon, called Exodus, but actually it's like my fifth album or something. U: 私、やけに音楽満載な家に育っちゃって。音楽と一緒に生きてきたとでもいいますか。(笑) 11歳のときには自分で曲を書き始めてて。だからさ、これは確かに私の最初の英語アルバムで、まだリリースされてないわけだけど、「エキソドス」っていって、もうすぐ出るんだけどね(笑)、実はもう5枚目だか何だかっていうことになるんだな〜。
What made you pursue a career in music at such an early age?
そんな早い時期に音楽のキャリアを追求し始めるだなんて、何が貴女を駆り立てたの?
Utada: Actually, I didn't want to get into music because watching my mother, who was a singer in Japan, it looked so unstable and crazy. But I half grew up in the studio with her and one day my parents asked me if I could write a song myself. I didn't want to say no, so I just said 'okay, I'll try' and it all started from there U: えぇっとね、ホントは音楽の世界になんてかかわりたくなかったの。ママのこと見てたからね。彼女は日本では歌手をやってて、それを見て、この業界は安定も何もないクレイジーな世界なんだって思ってた。でも、生活の半分をママとスタジオで過ごしてたんで、あるとき二人から「自分で曲書いてみないか?」っていわれたんだ。あのね、私「出来ない」って言いたくなかったのね。(笑) ただそれだけの理由で「やったろうじゃねーか!」って言っちゃって、んで実際にやってみたってのがそもそもの始まりですた。ですた。(爆)
Who were your musical influences growing up? どんな音楽から影響を受けて育ってきました?
Utada: The funny thing is I was thinking about this before I came to London and most of the artists I really like are from England or Europe. I know I was brought up with the Beatles and Led Zeppelin, but because I was so young I don't really remember that. But I have always been a big fan of Sting and The Cure and I love the Cocteau Twins. I'm also a big fan of Bjork and Madonna because they don't really fit the mould.
U: こりゃ面白いな、って思ったのがさ、そういう質問されるだろうなって思ってロンドンにくる前にあれやこれや考えてたんだけど、私がすっごく好きなアーティストって大抵イングランドとかヨーロッパ出身なんだよ。ビートルズとかレッド・ツェッペリンとか、イギリスだよね? でも、ちっちゃすぎてそういうことわかってなかったな当時は。でも、ずぅーーっとスティングとザ・キュアの大ファンだったし、コクトー・ツインズなんかも大好き! 全然型に嵌ってない、ってことぢゃあ、ビョークマドンナも超イイよね〜。
Do you ever wish that you hadn't gone into the business so young? こんなに若いころからこの業界に飛び込んだりしなきゃよかってって思ったことある?
Utada: For the first couple of years it was really difficult, because, being so famous, that young you can't do anything, you can't use your money and go crazy, you can't buy a car or a house and you can't go drinking. I regretted it for the first two years, but I still haven't quit and I realised that I love music, I can't live without it. So I just enjoy things my own way and I realised that it wasn't really important to me, to do things like going out and partying, but I'm happy.

U: 最初の2〜3年はもうなにがなんだかで。いっきなりえらい有名になっちゃったのに、若いと何をするわけにもいかなくって。お金ばら撒いて乱痴気騒ぎを繰り返すわけにもイカズー(笑)、でっかい車や家を買うわけにもイカズー(笑)、もちろんお酒を飲みに行っていいワケモナクー(笑々)。・・・でしょ?(笑) 最初の2年間は諦めの2年間ですよもうw でも、それでも未だに引退してないってのは、音楽が好きだってわかってきたからなんだ。「アナタが居ても居なくても ワタシは生きていけないの〜♪」ってね。(笑) だから今は、ただただ自分のやりかたで楽しんでます! 外に出掛けてパーティ三昧、とかってそこまで重要なことでもないなぁ、って思うしね。たまにはそれもいいんだけど、そうしなくっても不満はないよ。
This is your 5th album release but your first in English, was that a hard transition to make?
これは5枚目のアルバム・リリースってことだけど、英語では初めてなんでしょ? うまく気分変えるの、大変じゃなかったですか?
Utada: No because I don't really listen to Japanese music that much and I have grown up with English songs, so it wasn't that difficult. U: んなこたぁなかったぜぃ! 日本の音楽って全然っていっていいほど聴いてなくって。英語の曲聴いて育ってきたようなもんだから、それはそんなに難しいことじゃなかった。
Some of the lyrics on the album are less poppy than you're previous and you deal with darker material and more sexual lyrics. Did you enjoy exploring that part of your creativity?
アルバムの歌詞が、以前やってたみたいにポップなだけじゃなくって、もっとダークだったり官能的だったりっていうのもあるよね? 貴女の創造性のそういう部分を探求してみようと思ったってことなのかな?
Utada: It was interesting because it is something that I can't do with Japanese music because of the nature of the language and the sound that takes over the whole song. If there is something too weird in Japanese, it doesn't sound very well singing the song. I found with English, I could venture into that more. I could be dark or intangible in some places or be very humorous. And still it just all came together well, so that was very fun to do.
U: これもねーやってみてわかったことなんだけど、日本語の音楽じゃできないことだったんだ。日本語本来の性質ってヤツなんだろうけど、曲全体の雰囲気がその独特の音感に引っ張られるんだよね。日本語としてヘンな感じに陥っちゃうと、たとえそれをムリヤリ歌に乗せたとしても、よく聞こえるようにはならないんだ。ところがですよ姉さん(笑)、これが英語だと、結構冒険できちゃったわけなのさ。ダークな雰囲気もOKだし、ときどき意味不明なこと歌っちゃっても構わないし、すんごいおちゃらけてみても大丈夫だった。そんなでもちゃんと全部が一体となってちょうどよく聞こえる、それがやっててすんごく楽しかったよ。
What do your Japanese fans think about this more 'grown-up' style of music?
こういう大きく「成長しちゃった」音楽スタイルについて、日本のファンのみんなはどう考えてる?
Utada: I didn't think it would do well in Japan, but it actually did, which I was very surprised by. It was very flattering because, I had been doing most of the music and I realised that my fans liked my sound and not just my voice. Most of the time I spend working on the music, I spend on the computer programming the sounds or writing the melodies and the words, its very rewarding to know that people like that too.
U: 最初はダメなんちゃうんかと思ってたんだけど、結構受け容れてもらえたみたいで却ってこっちがビックリしちゃったよ。(笑) 嬉しいなんてもんじゃなかったな。だって、音楽の殆どは私が自分で作ってるわけで、ファンのみんながそれを、私の声だけじゃなくサウンドも愛してくれてるんだってわかったんだもの。私は、メロディと詩を書くのと同時に、コンピュータでサウンドをプログラミングすることにも時間を費やしてたわけだから、みんながそれを好きなんだってきいたときはもう、こう、「よっしゃぁ!」って、そう、“小さくガッツポーズ”ですよ。(笑)
Since you are so well known in Japan, do you feel like it's a case of starting over again in England?
日本じゃ知られ過ぎるほど知られてるのにこのイングランドでもう一度初めから、っていうのは、どんな感じ?
Utada: Yeah, but I think I needed it, its fun, definitely. I always like to be the person who is doing the weird thing or doing something that the typical person of my age or sex wouldn't be doing and I would just hate to become too comfortable or too accepted in anyplace. So in Japan, if I put something out and everyone is like 'oh this is wonderful because it's her' it gets to the point where I can't tell if it's good or not. So it's nice to have a new audience U: そうだねー。(笑) でも、そうするべっきーだと思ったし(笑)、実際楽しんでるしw なんつーか、ヘンなことする人間で居たいってーかな、こういう年齢だから、女だから、ってことで普通に人がしてるようなことしてたくなくって。ヘソ曲がりなんだろうね、場所がどこっていうんじゃなく、心地好過ぎたり受け容れられ過ぎたりっていう状況があんま好きじゃないんだろうな。一旦そうなっちゃったら、日本で私が作品を出したときにみんなに「おぉ!なんと素晴らしいことか。実に彼女らしいじゃないか!」っていわれちゃって、「あれ?これってホントにいいの?悪いの?どっちなんだろう?」って私自身わからなくなると思うんだ。(「これは宇多田ヒカルなんだからOK」って公式が出来ちゃうのが怖いのね。) だから、新しいリスナーに聴いてもらえるってのは純粋にいいことだと思う。
Your new single is called 'You Make Me Want to Be A Man' who makes you want to be a man?
ニューシングルのタイトルは「ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン/あなたといると男になりたくなる」だけど、そういうこと思わせてくれる人って居る?(笑)
Utada: (Laughing) It came from facing my husband (She has been married for three years) dealing with someone on that honest level. It's very hard to let someone into your life that much. With the song it's like, sometimes, the things that we don't understand about each other, if I was a man, maybe I could understand him better. It's very simple, it's all about wanting to become another person and see it from another point of view.
U: えへへへw 旦那と向き合ってるときに思いついたんだそれ。(彼女は3年前に結婚している) そういうレベルで誰かと真っ直ぐ向かい合うってこと、とでもいえばいいかな? この曲では、私たちは時としてお互いのことを分かり合えない、みたいなことを扱ってる。もし私が男だったら、もっと彼のことをわかれるのになぁ、みたいな。これって、何にでも言えることなんじゃないかな。誰か他の人の立場に立って、違う視点からものが見れたらいいなぁ、っていうこと全般についての曲だね言うなれば。
The video for the single (directed by Kaz Kiriya) is very futuristic, where did the concept come from?
このシングルのビデオ(監督:カズ・キリヤ)、未来的だよね。このコンセプトはどこから?
Utada: Well, first of all my music sounds very electro, like dance/pop so it fits well with visuals. I have a lot of electronic elements with machines and stuff like that. Also we wanted to play with the Japanese side of my existence. Japan is well know for these kinds of technological things, like Amine and the futuristic things, so I think that is what started off the whole thing.
U: えっとねー。まず何より、私の音楽自体がエレクトロでダンスでポップだから(笑)、そういうのがビヅアル的には(笑)よく合うんだよね。電子部品というか機械というかそんなんも私たくさん持ってるし。あと、私の存在の日本的な側面も盛り込みたいなって思った。日本て国は、アニメとか、未来的な商品とか、そういうテクノロジーっぽいことで有名じゃん? だから総てのことのスタートを切らせるのはコレだ!って思ったのかな。
As you said before you write and have a lot of control over your music, did you have any input in the video? さっき言ってたけど、音楽については、作曲からして貴女がかなりの部分をコントロールしてたんだよね? ビデオの方には何かインプットをした?
Utada: Well my husband directed it. We met on a job when he was a photographer. When I met him he was doing my CD cover and over the process of going out and working on things we got together. Now he is directing videos and movies.
U: だって、私の旦那がビデオの監督してんだよ!?(爆) 彼が写真撮ってる頃に仕事で出会ったんだ。(照) そんときは、ちょうど私のCDジャケットの仕事をしてて。そのうち一緒に出かけたり仕事したり二人でするようになって、、、。今じゃ彼もPVと映画の監督やってるんだけどね。
That must be nice for you to work together?
一緒に仕事するの楽しいよね?(笑)
Utada: Yeah, it can get very lonely to be in complete control of your own work. It's very difficult, but a bit of companionship was exactly what I needed. With most of my work I mostly just say yes or no, so I guess what I needed was someone that I could trust the taste and opinions of and have the guts to tell me about things. Somebody that I could trust with the creative side of things a little more, so that is when he came into the picture. U: そりゃあねー!(爆) いや、あのね、自分自身の仕事を全部完っ璧にコントロールしようとすると、なんかえっらい寂しい気分になっちゃうこともあるんだわ。難しいやね〜・・・でも、ほんのちょっとの協力が、私がそのとき必要としてたことだったんだ。自分の仕事の大半が、ただ「いいんじゃない/違うかなそれは」っていってるだけでよくなったんだから。つまり、センスや考え方を信頼できて、尚且つ私に歯向かって(笑)何かを言ってくれるガッツのある人が私には必要なの。ほんのちょっとでも創造的な面の物事に関して信頼できる人がいれば、その人はやがて私の心のファインダーの枠の中に入ってくるようになるよ。
You have worked with producer extraordinary Timberland on three of the tracks on the album, how did that partnership come about?
アルバムでは敏腕と名高いプロデューサ、ティンバランドと3曲で一緒に仕事してるよね。彼とのパートナーシップはどこから?
Utada: Um, I was pretty determined to make most of the album by myself and just make a statement that wasn't mainstream pop. I thought if I was doing it then I could make it something that I only I can do, otherwise it's pointless. But by the end of the album, I thought, oh I needed some input, something fresh and someone else's ideas just to balance it out. Then after thinking about it, I mentioned Timberland. We went down to Miami and it all got put together.
U: うーんと・・・なんていえばいいんだろ、、、私としては、アルバムを全部自分の手で仕上げてやるって予め決めちゃってたとこがあって・・・それが、「このアルバムはメイン・ストリーム・ポップなんかじゃないぞ!」っていうマニフェストになるって思ってたのよね。もしそれをやり遂げられたら、それこそが私のできる限界なんだってわかる、そう考えてたの。だから、もし一人でやり遂げられなかったら、そういうことが全部水の泡になっちゃうんじゃないかとも思って。んでもねー、アルバムの最後のほうになってきたら、「ありゃ? なんか誰か他から連れてきてフレッシュなインプットもらった方がいいなこりゃ。バランスが悪い。」って思い始めちゃって。そう思い立ったらまずティンバランドの名前が思い浮かんだの。一緒にマイアミにいって一緒にアルバムを仕上げたんだよ。
You have said that your music isn't really mainstream pop, so how would you define your sound?

今、自分の音楽は「メインストリーム・ポップなんかじゃないやい!」って言ったよね?(笑) じゃあ、自分の音楽をどう定義するつもりなの? 意地悪な質問だけど。
Utada: Its one of those very difficult things to define. I think the whole point of doing it, is to make something that doesn't really fit the typical mould. The easily labelled things I would not want to make. My friend was saying earlier that it is like electro/dance/pop so I was like 'okay - if you say so.'
U: これを定義するっていうのは、そもそも難しいことだよ。どの在り来りの型にも全然当て嵌まらないものを作ることが、一番大事なことだと私は思うから。簡単にラベル付けされるようなものは私の作りたいものじゃないはずなんだ。私の友達が前に「これって、エレクトロ・ダンス・ポップっていえばいいんじゃないかな」って言ってきたんだけど、私は「いいよ、うん、あなたがそう思うならね」って、・・・ちょっと感じ悪かったかもね。(苦笑)
Apart from music - what else does Utada Hikaru like to do?
音楽以外で・・・何か他にウタダ・ヒカルがしたいことってある?
Utada: I love to read, I just love books. I love the smell of books, so I spend a lot of time in bookstores (she is about to read The Complete Works Of Oscar Wilde) I don't really have any hobbies. Music is almost like a hobby - but a very serious one. Recently I have been trying to cook, but I really don't have time to get into it. It's hard because you have to go shopping everyday for food and I just don't have time, so maybe if I take a break I will try to become a good chef.
U: 本を読むこと。ただただ本が好き。本の匂いからして大好き。(笑) だから、私は時間があるときは大体本屋にいる。(彼女はオスカー・ワイルド全集を読み始めるつもりらしい) 他には大して趣味と呼べるものはないな。音楽もほとんど趣味みたいなもんだしね・・・あ、でもこっちはもっと真剣にやってるけどね。最近、料理に挑戦しようとしてるんだけど、なかなか料理に没頭する時間ってのがなくって。食材を買いに毎日ショッピングに出かけなきゃならないのがねー、単純に時間が足りないの。だからたぶんちょっと休みを取っていい料理が作れるようになる為に頑張ってみるかもね。(笑)
Utada's new single 'You Make Me Want To Be A Man' is out now - Her album 'Exodus' is released on the 17th of October.

UtaDAのニューシングル「ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン」発売中! 
アルバム「エキソドス」UK盤は、10月17日発売ですっ!

http://www.femalefirst.co.uk/celebrity_interviews/99442004.htm