×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





ここは、「UtaDA翻訳BBS」過去ログ置き場です。リンク切れの物も中にはあるかと思いますが、ご了承願います。
(順不同です、すみません〜〜〜)

 ENGLISH  JAPANESE

文字起こし:UtaDA,CNNに登場! (放送日:2004/10/12〜 US時間)
投稿者:i_  投稿日:10/16(土)
--- In Japan, she's a pop goddess which has sold over 17 million albums. Now she's pared up with master producer Timbaland for her U.S. debut album called "EXODUS." Joinin' me now UtaDA. Thanks so much for comin' on our program!

--- これまで日本で1700万枚以上のアルバムを売り上げているポップ・ミュージックの女神をご紹介します.彼女は今回,アメリカでのデビューアルバム「エキソドス(EXODUS)」において,敏腕プロデューサーであるティンバランド(Timbaland)と共作しました.さぁ,UtaDAの登場です! ようこそ当番組へ!
U: Thanks for havin' me.


U:いえ,こちらこそお招き頂きありがとうございますっ!(にこっ)
--- So, what I love about your story is that in Japan you are, you're basically like Britney Spears. When you walk down the street everybody knows who you are. You have a million of fans. You grew up half in Newyork, half in Japan. And you've come here, you've gone to a cafe with your friends coz nobody knows even who you are.

--- えーと,私が聞いた話の中で興味を惹いたのが,日本では貴女が殆どブリトニー・スピアーズみたいな存在なんだっていうことなんです.((笑),)貴女が街を歩くと,みんな貴女が誰だかを知っている.何百万人ものファンがいらっしゃるそうですね.そして,人生の半分をニューヨークで過ごし,もう半分を日本で過ごしている.でも,こちらに来れば,誰も貴女のことを知らないから友達とお茶を飲みに行ったりも出来るんですって?
U: Yeah, I just walk down in like a half of pajamas. No one cares.

U:そうなんですよ,パジャマ羽織って出かけたりしても誰も気にしませんねぇ.
--- Is that funny for you to have these two completely different lives ?

--- そんな全く違った二つの生活が貴女にあるっていうのは,自分で奇妙に思ったりはしないですか?(笑)
U: No... Actually it's not ah different for me because I don't, I am really, well, I thought you're EARLIER SAYING, pop, Japanese pop sensation, but I'm really not like a pop sensation kind of person,(a-ha,) (*****) look at me, I'm not, I'm not really, I'm just like anti-diva, so even IN TOKYO goin' 'ROUND with like jeans and sneakers. I, I don't GET noticeD that often.

U:はい,でも実際はそんなに違うってこともないんですよ.何故かっていうと…さっきアタシのことを何か日本のポップの象徴的存在,みたいな感じで紹介されてたと思うんですけど,でも,私はそういうタイプの人間じゃないんですよ.(うんうん,そうなんだ,) (目の前に居る私を)見てくださいよ,とてもそうは見えないでしょ?(笑) 歌姫とかいう人種とは正反対なんですよ,実は東京に居るときにだってジーンズとスニーカーで歩き回ったりするし.それでもあんまり気付かれる事はないですね.
--- WELL PRESUMABLY we may START get to notice, be noticed here even if you're not in Japan for THOSE 17 millions of albums because you're having this debut here. I wanna know how are you changing your mucical, are you changing your music AT ALL, or your style for the U.S. audience ?

--- でもきっとそのうちこの国でも気付かれるようになると思うわ.ここは日本ではないとはいえ,1700万枚ものアルバムを売った貴女が,デビューするわけですから.ところで.私がまず知りたいのは,米国のリスナーに向けて,貴女が自分の音楽を,音楽のスタイルをどう変えていったか,ということなんですが?
U: Well...it's more... I do much more than now. I can not, singing is the last process in it, and I do it myself coz' I don't have another singer do it for me (aha,) to sing it the way I wanted to sing it. But, I mean I do that, the writing and the arranging and I produced everything and I put EVERYTHING together so it's more like most of my work is done LIKE in my house for the computer like a lap-top and a few different gears, (that's interesting in it ...) wires, and...

U:えぇっと…っていうより…それだけじゃないんですよ.そもそも,私にとって歌うっていうのは,[アルバム作りの全行程のうちの]最後に登場するごく一部のことでしかないわけなんですけど,それを自分でやってるっていうのは,他に私の歌を歌ってくれる人が居ない,っていうだけのことなんです.(へぇ〜,)私が,その曲をこんな風に歌って欲しい,っていう歌い方で歌うことができる人がね.でも・・・何が言いたいかっていうと,作曲もアレンジもプロデュースも全部私がやって,それを纏めるのも私なのね,だから,作業の殆どは家のラップトップのコンピューターだけで終わっちゃうわけで.(なるほどね〜,)後は,機材をちょっとと電話線があれば・・・(笑)

--- THAT'S different THAN A LOT of ***** pop stars here who actually are the performers and the singers but don't do MUCH ELSE.

--- なるほど,実際にステージで踊ったり歌ったりだけしているいわゆるポップスター然とした人たちとは全く違ってもっと多くのことを普段はしている,ってわけね?(笑)
U: I can't, I don't REALLY relay to that, that pop, pop stars here like this... Coz most of my work is done like BEHIND closed door, like A bathroom,

U:そういうの,できないっていうか,確かに,そういう人たちとは一線を画してるっていうか…(苦笑)…そういうポップスターみたいな人たちとは違いますよね…だって,私の仕事はステージの上じゃなく,いつも閉ざされたドアの向こう側…ってまぁそれはトイレとかお風呂場ってことなんだけど.(笑)

--- Wwwwhat do you feel then, when people HAVE, I've heard, you compared to Britney Spears, to Christina Aguilera. Wwhat's your reaction to that ?


--- じゃじゃじゃあ,ワタシがっていうわけじゃなく,他の人たちがブリトニーやクリスティーナ・アギレラと貴女を比較する事についてはどう思ってる? どんな反応をいつも返してるの?
U: I, I guess they just mean a-but mean amm that... popularity-wise I'm as well-known as they're in America, in Japan. (aha,you think similar audience's there) It's, it's very different. Coz, coz I listen to the pop radio, and I, I don't really get it (right,) anymore...

U:えっと,私が思うに・・・・・・それって単に知名度があるっていうことだけだと思うんですよ,彼らがアメリカで有名なのとおんなじくらいに,私も日本で有名なんだってことだけで.(なるほど,同じようなファンがついてるってことなのね)い,いや,それが全然違うんですよ…, 私も普通のラジオは聴くんだけど,…うん,(そうなんだ,)そうとしかいえないんだけど…
--- WwwWhy would IT take SO long you've had your album, you've had HUGE album in Japan they'd been incredibly SUCCESSFUL... (hey ! I am only 21 !!! (lol) ) (lol) Alright, you're right. what do you think 20 years? But it'd been a while, (it's just a start!) It had been a while since you'd been incredibly popular in Japan ?
--- そそそれじゃあさ,どうしてアメリカでアルバムを出すのにこんなに長い時間が要ったの? だって日本ではアルバムが物凄く売れて,信じられないくらいに成功(ちょ,ちょっと待ってよ! 私まだ21歳だよ!!(爆) まだスタートしたばっかだってば!)あら(笑),そうね,確かにそうだわ(笑).それじゃあ,「長い時間」ってこの20年間,ってことになるわね.(笑) …ただ,日本で十分過ぎる程の成功を収めてから,更に5年くらい経ってるじゃない? それって長くない?(笑)


U: Yeah, well, yeah I guess I could've begun this American stuff earlier (aha,) I don't Know just in... partly because I was in highschool in Japan and I don't, it MADE more sense to keep on workin' in Japan,

U:あぁ,そ,それは確かにそうかも.確かに,このアメリカでの作品をもっと早くに手掛ける事も出来たかもしれないわ.でも,・・・えぇっと,あぁ,ただ高校が日本の高校だったから日本で仕事を暫く続けることの方が筋が通ってた,ってことはあったのかもしれないかな・・・.
--- Right. Are you nervous about your debut here ?

--- OK.こっちでデビューすることになって,心細かったりする?(笑)
U: Not really.

U:ない!・・・ないと思う.(笑)
--- Lookin backWARDS... both of your parents are in THE music industry. Your mom was a traditional Japanese singer, (aha,) How HAS that AFFECTED to your music ?

--- 貴女のバックグラウンドの話をしましょう.貴女の両親とも音楽業界の人ですよね? お母さんは日本のトラディショナルなシンガーだと...(えぇ,)それは,貴女の音楽にどのような影響をもたらしましたか?
U: It's, it's very dark kind of music they have in Japan, (aha,) that older, old music, And my mom was very well known for her,her darkness...right, darkness sounds WIRED ...It is just like you know, (I UNDERSTAND, she had just like heaviness ...aha,) and I get comments about having that SORT of darkside my, just in my voice even if I sing a happy song THEY SAY THERE'S A BIT OF THAT, that sadness in it sometimes.

U:日本のトラディショナルな音楽…年配の人たちがやってる音楽っていうのは,とっても暗〜い音楽なのね,それで,私のママはその彼女独特の"暗さ"で有名だった…"暗さ"っていったら少し違うかなぁ…えぇと,ほら,(あぁ,わかるわかる,歌に重みがあるっていうことね?うんうん,)うん,で,私がよく言われたのが,ママと同じような暗い感じが私の,私の声にもあるんだって.ハッピーな歌を歌っている時ですら,「あ,お母さんぽい"暗さ"がどっかちょっとあるね」って言われてた.ハッピーな感じの中にも哀愁があるね,って言われ方もしたかな…
--- Alright. WELL WE look forward to hear, hearING your new album UtaDA. Thank you so much for joining us.
--- はい,貴女のニューアルバムが聴かれてゆくのが楽しみです.今日はいらしてくれてどうもありがとう!
U: Thank you, how it was quick !?

U:いえいえこちらこそ・・・ってもう終わりなの!?早っ!!(笑)
訳者後記:i_

いやぁ,疲れました.(笑) 流石に母国語でない英語を聞き取るのは実に難儀でした.

珍しく翻訳という作業が「もののついで」だと思えてしまったくらいに・・・ある意味,翻訳はラクだったですね,

よくわからん場所は例によってよくわからないままテキトーに訳してしまいましたが・・・(瀑汗).最初の方の質問で

「米国デビューにあたって,音楽スタイルをどう変えましたか?」というのがありますが,ひかるがこれを遮るようにして質問内容とは

直接関係ない(笑)「自分はシンガーでなくプロデューサ/ソングライター」という主張をしてきたのは,珍しいことでビックリしてしまい

ました.うーん,これはTV出演に緊張して?かと最初思ったのですが,もしかしたら予め出演時間が極端に短いことを聞かされてい

たので,質問内容の如何に拘わらず自分の言いたい事を優先したのかもしれませんね.そう考えると,ちょっと突発的な「ワタシまだ

21だよ!(爆)」も納得がいくかも?? いや,僕の聞き取りが間違えてる可能性もあるので,ヘタなことは言いますまい.・・・最後に.

こんな酔狂な事(英語の文字起こし)をやろうと思わせた,最終的な決め手は,ひかるのあまりの愛らしさにくわえて,CNNのキャス

ターのお嬢さんのルックスと話し方が,尋常じゃなくキレイだったから,というのが間違いなくありました.(爆) 

もしインタビューアがおっさんだったら,僕も文字起こしはしなかったでしょう・・・だって考えてくださいよ,聞き取りが正しいかどうか,

何度も何度も聞き返すんですよ!? 好みの女性二人が話してるからこそ可能になる,非常に単調で窮屈な作業だったわけです.

・・・でもまぁ,これでちょっとは慣れたので,次からは,インタビューアがおっちゃんだったとしても,インタビューを受けるのがざねっ

ちだったとしても――いや,これはまだ無理かな(爆)――文字起こしに挑戦するかもしれませんね! 先のことはわかりません!(笑)
補足: 投稿者:KT

私が聞いたのとほとんど違いはなかったのですが、Utadaの5つ目の答えは、バスルームで、、、じゃなくてバスローブ(というと日本の人はお風呂上がりを想像するかも知れませんが、アメリカ人は普通に部屋着として羽織る。ジャージを来て、、みたいなニュアンスかな)を羽織って、、、だと思います。

I can't, I don't really relate to that, that pop, pop stars here like this.... Coz most of my work is done like behind closed door, in like bathrobe.

(ブリトニーやクリスティーナのような)ポップスターと私がどう繋がるのかわからないの。だって私は(ステージの上じゃなくて)閉ざされたドアの向こうで仕事をしてることがほとんどなのよ。バスローブなんかを羽織って。

それから、その次のUtadaの答えの途中でのインタビュアのコメントは

aha, you think similarity aren't there
なるほど、全然似てないと思っているのね。

ですね。「比較されてることにどう思う?」という質問に対して、Utadaが「うーん、えっと、、、私も彼らみたいにすごく有名なんだけど、、、」って感じだったので、「似てないと思うのね」と結論をいそがせたのでしょう。時間もないし(涙)。。。

その直後の
I don't really get it.
は「マジで分かんない」って意味です。
普通に訳すと「ポップラジオを聴いていても、(流行ってる音楽の)何が良いのか分からない」ですが、Utadaがそこまではっきりそんなことを言うかなぁ・・・比べられる意味が分からないともとれますね。

最後は
That was quick.
です。その前にWellとかWowみたいな事言ってるけど。



  INTERVIEW EXCERPTS
Listen to part of the interview with Utada

リンク元→ http://www.timesleader.com/mld/timesleader/entertainment/music/9830407.htm

(↓直リンです.リアルプレイヤーが再生されますのでご注意ください)
@ "How do you deal with the pressures of popularity?" (1:37)

A "How have your fans in Japan reacted to your new album?" (1:12)

B "There's this line in 'Easy Breezy' where you say, 'I've got a new microphone.' Where did that come from?" (0:50)

C "You've worked with a lot of well-name producers. How was it working with Timbaland?" (1:33)

D "Saw that you did some commercials for Nintendo in Japan for their new handheld videogame system. Do you play games?" (0:48)

E "Is there anything else in the music industry you'd like to do?" (0:46)

F "Where did the nickname 'Hikki' come from?" (0:38)

G "Were you in New York during 9/11?" (0:49)


@ 「有名になることへのプレッシャーには,どう対処してるの?」

A 「今回のニューアルバムに対して,日本のファンはどんな反応を示しましたか?」

B 「”イージー・ブリージー”に『新しいマイクが手に入った』っていう箇所があるけど,これってどういうこと?(笑)」

C 「今まで沢山の著名なプロデューサと仕事をしてきたアナタから見て,ティンバランドとの仕事はどうでしたか?」

D 「アナタが日本で,任天堂の新しい携帯ゲーム機のCMに出ているのを見ました.ゲームはするの?」

E 「音楽業界に居て,何か他にやりたくなってることってある?」

F 「”ヒッキー”っていうニックネームはどこからきたの?」

G 「9月11日にはニューヨークのどこに居ましたか?」

@ 投稿者:KT

"How do you deal with the pressures of popularity?" (1:37)



well i was kind of grew up with that
and at first of all this was like
it wasn't an easy thing to adjust too
but sort of like you know when you were a teenager
you have a close family, you'd have all these relatives
expecting things of you, and telling you things
checking up on you
watching out for you
and it was like having a few million of those like that
and i couldn't really do anything bad
there are such those things as bad girl image
you have to be a good girl
that's how i had to end up(?)
you know somebody said normal teenage things is (?)
hanging out at night
or going to shady places
or just anything that's typical in that age(?)
i had to really really
it was really risky thing to do for me
even who i hang out with became big issue
things like that
but i guess that was good for me
that kind of build my character

( )

older person older musician
and you should get called weed(?)
CDs taken off the rack
you can't be a crazy rock star
you have to be a very regular and reasonable person
cause you are in a society
even if you are a musician

( )

i guess

people generally think i'm a good girl over there

(訂正)
hanging out at night→ hanging out <late> at night
and you should get called weed→ called <with> weed


@ 翻訳:i_

「有名になることへのプレッシャーには,どう対処してるの?」

*****

今まで私はそれとともに育ってきたから…うーん,そうね,まぁなんつっても,ホント大変だった.その中で自分の立ち位置を確保するのは簡単じゃなかったわ.

 でも…例えてみると,普通の10代の場合だって,身近な家族や親戚とかが,色んな期待をかけてきたり,ひとつひとつ行動をチェックされたり,監視されたりしてるでしょ? それがもう何百万人も――つまり,日本のファンの人たちのことなんだけど――居た,っていうような.

 てことで,もう何にも悪い事なんて出来なかったわ.「悪い子」のイメージのつくようなことがあるわけだから,私は「いい子」でなくちゃならなかった.そうやって10代を過ごしてきた….夜遅くまでうろついたりちょっと如何わしい所に遊びに行ったりっていう普通の子たちがすることが出来なかったってことをわかってほしいな.

 とにかく・・・とにかくそういう普通のことを私がするのは物凄くリスクのあることだったの.誰かと歩いてるのを見つかっただけで大きく取り上げられたしね.そんな感じだった.でも・・・私みたいな立場の人間には,それもよかったことなのかもしれない.日本では,アイドルの子であれ,成人すれば…大人のミュージシャンであれば,一回ドラッグで逮捕されちゃうと,CDを棚から下ろされちゃうんだ.クレイジーなロック・スターのCDも手に入れたいのにさ(笑),ミュージシャンも普通の常識ある人間でないといけないわけ.ミュージシャンといえども社会人の端くれ,ってことなんだろうね.

 大変なこと,っていうのはだから,私が思うに,みんなが私のことを「いい子」なんだって思い込んじゃうことなのかもしれない・・・.

A 投稿者:KT
"How have your fans in Japan reacted to your new album?" (1:12)

well i was kind of grew up with that
and at first of all this was like
it wasn't an easy thing to adjust too
but sort of like you know when you were a teenager
you have a close family, you'd have all these relatives
expecting things of you, and telling you things
checking up on you
watching out for you
and it was like having a few million of those like that
and i couldn't really do anything bad
there are such those things as bad girl image
you have to be a good girl
that's how i had to end up(?)
you know somebody said normal teenage things is (?)
hanging out at night
or going to shady places
or just anything that's typical in that age(?)
i had to really really
it was really risky thing to do for me
even who i hang out with became big issue
things like that
but i guess that was good for me
that kind of build my character

( )

older person older musician
and you should get called weed(?)
CDs taken off the rack
you can't be a crazy rock star
you have to be a very regular and reasonable person
cause you are in a society
even if you are a musician

( )

i guess

people generally think i'm a good girl over there

(訂正)
hanging out at night→ hanging out <late> at night
and you should get called weed→ called <with> weed

A 翻訳:i_

「今回のニューアルバムに対して,日本のファンはどんな反応を示しましたか?」

* * * * *

あのね,ホント思ったのは,えぇっと,ちょっと前,先月,じゃねーや,今月だ,

9月だね,そんときに・・・いやね,ホント一体こんなの誰が買うんだって思ってたの!

全部英語だし.でも,結果が出て,心底驚いたのね,いやぁ,みんな私の為にアルバム買ってくれてるんだな…と(笑).

まさかこんなに沢山ファンが残ってくれてると思ってなかったから(爆).私の音楽に興味を持ってくれる人がね.音楽を好きになってくれる人もそんなに居ないと思ってたし,少なくとも歌詩に関しては大体そうなるかな,って. 日本の人たちにとって,音楽じゃ言葉がとても大事だからね.

だから,プロモーション中に『私のアルバムで英語を勉強すればいいじゃん!』て冗談言ってたくらい.(笑)

いやね,でもきっとそれが皆がワタシの音楽をほめてくれてる理由の一つだと思うのね,そういってくれるひとたちは,歌詩も好きだって言ってる.日本語の訳詩もブックレットとして付けたし,まぁ,私はほんのちょっとしか訳やってないんだけど,

これを日本でリリースするっていうのは,ホント賭けみたいなもんだったの.どれくらいのファンの皆が,私の成長具合や音楽的な変化やそういったことの総てを経た上で,実際に私の許に残ってくれてるかを見るためのね.うん,みんな暖かく歓迎してくれたよ.(笑)

訳者後記:i_

・・・・・・いやぁ,全く聴き取れねぇ.」(T∇T) KTさん,ホントありがとうございます.m(_ _)m
・・・とはいえ,それでも不明な点が沢山あって,正直,全編「ノリ」で訳しました.(爆) 英語で話すときになると幾らか大人っぽい口調になる彼女なんですが,この話題のときは何か結構嬉しそうに話しているように僕には思えたので,それっぽい訳し方をしてみました.ちょっとクドイ語尾の重用も,ある程度はわざとです.(^^) このファイルに関しては,まぢで本人に本当は何て話してたのか訊いてみたいですね.(汗) でも,大筋では間違っていないのではないか,と楽観しておきます.(^^;
B 投稿者:KT

"There's this line in 'Easy Breezy' where you say, 'I've got a new microphone.' Where did that come from?" (0:50)

you know the funny thing is
that everyone says hey, a microphone, hmmmm
let me hear that
but i actually did get the microphone
that was ( ) of ( ) in my ( )
for the first time i bought my own big(?) expensive microphone
without renting i bought one
and i had it in my room
and i was trying talking
recording my own singing and recording on my own
it looked like very funny thing
if you see me recording my own vocal
sitting in front of my computer
and there was the microphone right in front of me
and i was like hand on my mouse, my mouth
and i was singing very passionally and clicked stop
it's almost
it's very strange thing
but i didn't know waht to sing to end that song
i was just gonna sing freely
hey, kind of works(?)
and writing(?)
B 翻訳:i_

「”イージー・ブリージー”に『新しいマイクが手に入った』っていう箇所があるけど,これってどういうこと?(笑)」

* * * * *

面白いよね〜!
みんなそうやって「ん?新しいマイク?どういうこと?」ってきいてくるんだ!(笑) 

でも,本当に私,新しいマイクを買ったんだよ.いや人生で初めてのことだったの.初めて自分のマイクを,高かったんだけどレンタルじゃなくて買ったんだ.それを部屋に持ち込んで,自分で歌ってレコーディングしてみた.録音も自分でしたわけ.

……それってね〜,それってヘンな光景だったと思う!(笑) だって自分の歌を自分で録音するだなんてね.コンピュータの前に私がちょこんと座って,で,マイクが目の前にあるわけ.

マウスに手を当てて.マウスにね.超〜感情込めて入り込んで歌っちゃったあとに,画面の[録音停止]ボタンをちょんっとクリックしてるっていう・・・

いやもうそれがすんごくおかしくってさ!(笑) で,その曲の最後になんて歌ったらいいかってのがなかなか思いつかなくって,じゃあテキトーに歌っちゃえ!って思ったらなんか上手くいっちゃって.(笑) うん,結構おかしかったよぉ



「※ KTさんの文字おこしを元に、一部修正を加えてあります」
訳者後記:i_

みなさん大好きな話題(笑)「EBのマイクロフォン」の話です!(^∇^) 話してる彼女もとっても楽しそう.確かに,本当に新しいマイクを買ったわけですね.(笑) ミスチルの桜井さんとの雑誌対談でも触れていたように.そして,そのマイクをどういう風に使ってたかをご本人自ら面白おかしく語ってくれているわけですが・・・はてさて,僕の訳でそのニュアンスが伝わっていればいいのですが.もし,これをご覧の方が英語がさっぱりわからなくっても,このインタビューのリアルプレイヤーファイルは聞いてもらった方がいいかもしれません.言ってる内容はともかく,その口調を耳にすれば「あ,なんか楽しそう」というのは伝わると思います.「EXODUS」は微に入り細に穿つ様な緻密な音作りが印象的な作品でしたが,こんなスポンテイニアス(自然発生的?)なハプニングもレコーディングして収録しちゃってるんですね.興味深いことです.聞き取ってくれたKTさん,どぉもありがとうございました.m(_ _)m
C 投稿者:KT

"You've worked with a lot of well-name producers. How was it working with Timbaland?" (1:33)

it was great
well i was intending to make
to complete my album on my own
to produce everythig and arranging everything too
but the last couple of songs
i really thought i needed some help for the arranging
and i thought i needed other sound
and but it was near my deadline for my album
i thought i was a wrong ( )(?)
can we ask timbaland?
and he actually listened to my sketches and ok let's do it
and i sterned
and i flew to miami over the studio
maybe i spent like a week for all that
he did he could remix my other song
and we made two songs together
it was great
i'm so used to working all on my own
not worring to explain what i'm doing to the other people before it's done
which is laxuary i guess
but it was good experience for me to have to talk it out with someone
show it's half done the song
and have them say it doesn't make sense
i like this part but what about this part
and i tell him i don't like this track show me(?) different one
it was very cool experience
and at the end of it
we really
he really understood what i was trying to do
and what kind of music i do
and he was saying
you know you are pretty cool utada
and i said you are pretty cool to
he really
he really really liekd that so far(?)

C 翻訳:i_

「今まで沢山の著名なプロデューサと仕事をしてきたアナタから見て,ティンバランドとの仕事はどうでしたか?」

* * * * *

いや〜よかったよぉ! 最初アタシアルバム全部を自分だけで仕上げたいなって頑なに思ってたんだけど(笑).プロデュースも全曲で,アレンジも全曲で,ってね,

でも,最後の2,3曲になってあぁこりゃアレンジ面で手伝ってくれる人が欲しくなって来ちゃったな,って思って.もっと違うサウンドが欲しくなったのね.でも,もうアルバムの締め切り間近だったから(笑),

そんなに悠長にはしていられなくって,とにかくティンバランドに頼んでみよっか?てことで彼に実際にデモを聞いて貰ったのね.で,「OK,やろうよ」ってことになって,スタジオのあるマイアミまで飛行機で行ったの.たぶん,仕事したのは1週間くらいだったかな,一曲出来てたのをリミックスし直してもらって,

2曲を新しく作ったんだ,二人で.もう,それはそれは….私,ずっと作業をひとりっきりでしてきてたから,何かしようってときに,誰か他の人たちに自分のしたいことを説明しなきゃいけないっていう心配がなかったのね.

うーん,ちょっと贅沢なコトなのかもしれないけど,他の誰かに(自分のやりたい音楽について)話してきかせなきゃいけないってのは,私にとってはとてもいい経験だった.まだちゃんと出来てない曲を聞かせてもらって,「このパートはよくわからないかな.こっちのここは好きなんだけど,こっちのはどうだろう?」とか言うわけ.私は彼に,このトラックは好きじゃない,まだシックリ来てないよ,とか言ってた.

クールな経験だったわ.だって,最後の方になってくると,彼は私が何をしたがってるのか,どんな音楽を私がしたいかっていうのをわかってくれてたんだもの.彼に「UtaDA,アンタはサイコーやでっ!!」だなんて言ってもらっちゃって,「いやいやいやいやアナタの方こそ!」って私の方も.(笑) 彼は,何度も"エキソドス'04"が好きなんだって言ってくれたよ.
訳者後記:i_

ここではプロデューサ起用についての話題.もとより英語のときはオトナっぽくなる彼女ですが,内容が音楽の話になるだけに,更にいつもの「アーティスト・モード」もちょっとのぞかせて,結構知的な印象を与えます.これを読むと逆に,全編でのコ・プロデューサであるざねっちは,彼女とは以心伝心で,彼女の作り出す音楽については話さなくてもわかるような存在なのか,或いは,実はホトダ三と一緒にエンジニアリングの仕事をしていて音楽の内容については口を出さないのか,それとも・・・と,ティンバランドについての話でありながら,プロデューサ宇多田照實氏のUtaDAに対する音楽的影響力ってものに思いを馳せちゃいました.(^^ゞ でも,このインタビューの最初と最後には,彼女はいつもの「ファン気質丸出し」っぷりを発揮してて,その中間部での真剣な話し振りとの落差がまたよかったです.これもまた,意味がわからなくても彼女の声に耳を傾けてみるのがいいかもしれません.(ソレ言い始めたら全部のファイルそうなんだけどね(笑)) ということで,KTさん,今回も聞き取りをどぉもありがとうございました.m(_ _)m
D 投稿者:KT

"Saw that you did some commercials for Nintendo in Japan for their new handheld videogame system. Do you play games?" (0:48)

year, it's only it's only in asia, i think
yeah, you know i can only a child(?)
i used to play when i was really small
i don't play a lot any more
but i'm crazy good at tetris
i played on national tv in japan
cause they wanted me to play game against this tv show host
and actually i was good at this tetris
and you know i beat that man(?)
everyone was so amazed by it
after that show aired it's like two years
more than two years ago
everyone ( ) me in the street used say
hey you are really good at tetris for like a year
and yeah
i think it's like really get sick of music
and i'm ( ) and don't sell records anymore
probably i have go into the world of tetris


D 「アナタが日本で,任天堂の新しい携帯ゲーム機のCMに出ているのを見ました.ゲームはするの?」

―― うん、結構年季入ってるよ。(笑) えぇっとね、子供のころからってか、ずいぶん小さい頃から遊んでたな。とはいっても、そんなにやり込むってほどでもなかったよ・・・そうなんだけど、テトリスだけは別。(笑) 誰にも負ける気はしないよ私。(爆) 日本の全国ネットのTV番組でテトリスやったことがあるんだ。ってのもその番組の司会の人が勝負を挑んできてくれたので(笑)、でも、やっぱり(笑)私の方がうまかったから、コテンコテンにのしちゃった。(笑々) みんなそれ見てすんごく驚いてさ、その放送があってから、えぇと、(その番組が放送されたのは)2年ちょっと前くらいなんだけど、そっから1年間は、私を道端で見つけてきた人たちみんなが「あ!宇多田ヒカルだ! ねぇ、あなたってテトリスほんと上手いよね〜!!」っていってくるようになったもんさ!(爆) もしいつの日か、音楽にうんざりしちゃうか、レコードが売れなくなっちゃったら、宇多田ヒカルはきっとテトリスの世界に身を投じることになるだろうよ!(≧∇≦)
D 投稿者:i_ 投稿日 10/28(金) 21:35

"Saw that you did some commercials for Nintendo in Japan for their new handheld videogame system. Do you play games?" (0:48)

yeah, it's only it's only in an age, i think.
yeah, i, yeah, you know it can be only a child.
i used to play when i was really small
i don't, i don't play a lot any more
but i'm crazily good at tetris
i've played it on national tv in japan
cause they wanted me to play that game against this tv show host
and actually i was good at this tetris
and i just, you know, beat that man of 'em (lol),
everyone was so amazed by it
after, after that show aired it's like two year,
it's more than two years ago but,
everyone who could come to me in the street used to say
"hey you are really good at tetris !"
for like a year and yeah
i think if I really get sick of music or,
and i'm really, thought get and i don't sell records anymore
probably i have to go into the world of tetris
E 投稿者:KT

"Is there anything else in the music industry you'd like to do?" (0:46)

oh, i'm really interested in producing and writing for other people, or other singers
so i would like to spend a few years trying to that
or i just want with this album
i just want to step in front of everone
(ここはstep and fadeって聞こえたけど、次の文に繋がるのはこうかなと思って)
hey, you are looking for a new song writer?
and here i am
but you know
i'm not sure what i would do after that
i could imagine myself just singing forever
so like (ガイブって聞こえるけど?)
it's like too old to stand up
i don't know if i want
if i sould want to
i feel like i always could do that so
i've been working straight through since like i was 14
(since....の所は違う事言ってるかもしれないけど意味は変らないと思います)
so i can't imagine taking a break couple years
after a while or whenever it's a good time and
(ここもあいまい)
say look
any plan's not gonna work
i'm gonna do something else


E 「音楽業界に居て,何か他にやりたくなってることってある?」

―― そうね、誰か他の人に、他の歌手の人たちに曲作りしたり、プロデュースしたり、ていうのにはかなり興味あるよ。そういうのに挑戦してみたいっていうのはよく思う。このアルバム(「エキソドス」)を手に持ってみんなの前に立ちはだかり「おぃおぬし! 新しい作曲家をお探しか!? それなら私だ!!」って叫んでみたいな!(爆) あのね、私って、死ぬまで永遠に歌い続ける自分の姿って、ちょっと想像できないのね。年取ると舞台に立つのもきついだろうしね。(笑) いっつも歌っていたかったか、これからもいっつも歌っていたいか、っていうと、そういうこともなさそうだし。14歳から今までずっと働き詰めだったからかな。そうだね、いつか時期を見計らって・・・何がうまくいって何がうまくいってないか見極めながら、ダメになったら何かほかの事をするよ私は。

E 投稿者:i_ 投稿日 10/28(金) 21:35

"Is there anything else in the music industry you'd like to do?" (0:46)

oh, i'm really interested in, in producing and writing for other people, or other singers
so i, i would like to stand a few issues trying to do that at all
or i just wanna,
with this album i just want to step out in front of everyone,
"hey, you are looking for a new songwriter ? and here i am ! "
umm,but... you know
i'm not sure at all at what i would do after that
so i, i couldn't imagine myself just singing forever, till i die,
it's like a too old to stand up
i don't know if i want, if i would want to
i feel like i could always do that,
so **** i've ever been working straight, straight through since like fourteen,
so i, so i can't imagine taking a break in a couple of years after a while
or whenever i look at good time and say looking at if any plan's not gonna work
i'm gonna, gonna do something else
F 投稿者:KT

"Where did the nickname 'Hikki' come from?" (0:38)

oh yeah, that's only
i just kind of use it in japan
actually, uh, it was
oh, the nice thing was
it was nice to shorten teh distance between me and my fans
but the nick name began when i was in elementary school in new york
cause none of
cause i went to this school in new york for a while
and none of the kids could pronounce my name
and they said "hiroku" and whatever whatever
and then someone said
"how about hiccup?"
and i had hiccup for a while
then "how about hikki"
now "hikki is better"
but i didn't know what i meant back then
now i do
it's so cute


F 翻訳:i_

「”ヒッキー”っていうニックネームはどこからきたの?」

*****

 あぁ,それはね,日本でだけ使ってるんだけど(笑)…でも実際……そうね〜,私とファンのみんなとの距離を縮めるっていう意味ではいいことだったんじゃないかな.でも,ニックネーム自体の始まりはニューヨークで小学校に居た頃なの.なんでかっていうと…えぇとね,短い間しかニューヨークの学校に居なかったってのもあって,その年代の子供たちには私の「ひかる」っていう名前を発音することがそもそも無理だったのね,「ヒラクー」とか何とかになっちゃって.(笑) で,ある時誰かが言ったんだ,「"ヒカップ"って,どう?」って.(笑) お陰で私しばらくの間「ヒカップ」だった!(爆) その後「じゃあ,"ヒッキー"は?」って言われて,「あ,そっちの方がいい!」ってことになって.でも,その頃はそれがどういう意味なのかってのはわかってなくって.(笑) まぁ可愛いもんじゃないの!(笑)

*****

訳者後記:i_ 

日本のみなさんにはおなじみのエピソードですね.(^^)ん?でも「ヒカップ」は初出かな?(笑) 最後の"now what i do, it's so cute!"はどういう意味かわからなかったので,どういう風にも取れるような訳にしておきました.(苦笑) 毎度ながら卑怯なワタシです.(^^;
G 投稿者:KT

"Were you in New York during 9/11?" (0:49)

no, i was in tokyo
and my mother was
so i flipped out and tried to cal her but
of course the phone line doesn't work
(phone line was outにも聞こえる)
and i, i was just sitting in hotel in tokyo
watching the cnn with my friend
and we just didn't
we didn't even talk
we just sat there for 3 hours
watching that
that was, that was really scary
but now this is
the sad thing is
now, in the mornings when i wake up in ny
and when i wake up with(there's?) very bad thunder storm
i hear these huge rumbling noises of the thunders
and i wake up thinking it's a bomb attack
you know i just wake up with yawn
and we're getting attack again
which is, which is, you know, not a good way to wake up
something you gotta get out of head
i guess


G 「9月11日にはニューヨークのどこに居ましたか?」

いや、東京に居たよ。ママがニューヨークに居たんだ。そのとき、私は当然ビックリして彼女に電話をかけてみたんだけど、案の定、繋がらない状態が続いていたわ。私のほうはそのとき、東京でじっとしてたんだけど、友達と食い入るようにテレビを、CNNの放送を見てた。3時間くらい、一言も話さずただじっとそこに座ってね。、、、本当に、本当に怖かったわ。(消え入るような声で) そんなだから今は! 、、、ちょっと悲しい状態だよね。ニューヨークで朝起きるときでも、たとえば雷みたいなデッカイ音がゴロゴロ鳴ったりするのを耳にしただけで、飛び起きて「うわっ、爆撃か!?」とか考えちゃうんだ。あくびをして起きてきても、「ま、また攻撃されたのかしらん!?」なんて思っちゃう。それって、それってさぁ、とても“清々しい朝の目覚め”とは、いえないよねぇ?(苦笑) 二日酔いみたいな、頭の痛い朝だよ・・・。
G 投稿者:i 投稿日 10/28(金) 21:35

"Were you in New York during 9/11?" (0:49)

no, i was in tokyo
and my mother was
so i, i slipped down (flipped out?) and i tried to calling her but
of course other phone lines were out
and i, i was just sitting in my **** in tokyo
watching the cn, the cnn with my friend
and i, we, we just didn't
we didn't even talk
we just sat there for, for 3 hours
watching that
you know, that was, that was really scary
by now this is
the sad thing, um, (that)
now, in the mornings when i wake up in newyork
and when i wake up with a really bad thunder storm
and i hear these huge rumbling noises of just like, a thunder,
and i wake up thinking it's, it's a bomb attack
you know i, i just wake up with yawn
and we're getting attacked again
which is, which is, you know, not a good way to wake up
something you gotta get out of head
i guess
訳者後記:i_10/28(金) 21:35

1年ぶりの更新て凄いね。(汗) 聞き取って頂いたKTさんには、何とお詫びしてよいのやら・・・。すんませんでした。m(_ _)m  でも、テトリスの話とか911の話とか、あんまり時期に関係ない話題が並んだので、あんまり違和感ないですね。忘れていた方も(僕も含め(汗々))、久々に聞いてみては如何でしょうか。★ 一応、聞き取りはKTさんですが、僕が聞きなおして改変した部分もところどころございます。もっとも、改良じゃなくて改悪になってる可能性の方が大きいんですが・・・。(汗) いずれにせよ、訳文は意味が通ることを最優先したので、原文をご覧になっても「???」となるかと思います。やっぱり、本人が日本語でコメントフォローしてくれるのが一番ですね。(^_^;


 依頼:UTADA 05 OCTOBER 2004 DEBUT 関連記事たくさん.(笑) 投稿者:i_ 投稿日:10/08(金) 01:51

Crossover appeal San Jose Mercury News

翻訳:Crossover appeal @Mercury News 2004/10/5 投稿者 i_ - 10/13(水) 02:20

Crossover appeal Posted on Tue, Oct. 05, 2004
SHE'S CONQUERED JAPAN; NOW UTADA TARGETS U.S.
          BY DAN WONG Knight Ridder

http://www.timesleader.com/mld/timesleader/entertainment/music/9830407.htm

*****


2004年10月5日寄稿

クロスオーヴァー・アピール

日本を制覇したUtaDAが,今度はアメリカに狙いを定めた

ダン・ウォン Knight Ridder


 アメリカ生まれのUtaDAにとっては,日本で最もビッグなポップ・スターになるだけでは飽き足らなかったようだ.彼女は自身初の英語詩アルバムでもってアメリカのミュージックシーンに殴り込みをかける準備を整えた.

 このニューヨーク出身の21歳は,なかなかに鋭い出足を飾っている.来るべきニューアルバム「EXODUS / エキソドス」からの最初のシングルとなった"Devil Inside / デヴィル・インサイド"は,これまでビルボードのホット・ダンス・ミュージック・チャートに8週連続でチャート・インしており,遂には今週第7位にまで上り詰めた.今日CDショップに並ぶことになるこの「EXODUS / エキソドス」は,UtaDAのアメリカでの最初のアルバムではあるものの,彼女は日本で1999年のデビュー以来2100万枚ものCDを売り上げているのである.

 バイリンガル・シンガーソングライター(二ヶ国語を操る自作自演屋(c)椎名林檎様)であるUtaDAは,時として「和製ブリトニー・スピアーズ」という彼女にとって有難くない呼び名で呼ばれることがある.とはいえ彼女も,そう言われることに一定の理解は示してはいるようだ.日本での最高の売上を誇るアルバムによって彼女が名声を勝ち得たのは15歳のときだった.

 『年齢の面でいえば,確かに私は21歳の女の子だから,ブリトニーと大体同じくらいの歳だとはいえるんだけど,音楽的な面でいうと彼女と共通するところはそんなにはないと思う.』とUtadaは言う.彼女はニューヨークのコロンビア大学での勉学生活を休止しているので,音楽のキャリアにその生活の総てを捧げることができるのだ.

 スピアーズとは違い,UtaDAは自らの詩を書き,音楽を作り,一方でスターとしてのステータスには拘っていない.そう彼女は説明する.

 『私は”歌姫”っていうタイプの人間じゃないの.マドンナやブリトニーみたいに”私はスターになりたいの!”って言いながら皆の注目を惹きたい,だなんて思わない.』彼女は続ける.『私はただ,自分のしていることが好きだからしているだけ.そうやって出来たものをみんなに聴かせて,反応を貰って,そしてそれを好きになってくれたらいいなって思う.別にみんなに注目して欲しくてたまらないわけじゃなくって,どちらかといえば,作曲者だったりプロデューサーだったりするのかな?私は.スタジオに居られれば満足だもの.』

 UtaDAのニューアルバムは,日本で披露していたポップなサウンドを脇に追いやってR&Bやダンスの方向に舵を取っているようにみえる.そして,歌詩やメロディは,かつてのそれに較べ,かなり遊び心溢れるものになっているといえるだろう.UtaDAがこの「EXODUS / エキソドス」の歌詩を英語で書くにあたっては,それに必ずしも深い意味を添えられなくとも,韻を踏めていたり響きがよいだけだったりするものでも躊躇いなく使える,そういうところがイイ,と感じていたらしい.日本では,アメリカのカントリー・ミュージックと同じような感じで歌詩が重要な位置を占めているらしく,コトバが曲の方向性を決めるということのようだ.そんなわけでUtaDAは日本でのCD作りに窮屈さを感じていたとか.

 『英語っていうのは(日本語に較べてより)音楽的っていえるのね.歌うにはよりしっくりくるっていうか.』UtaDAは言う.『英語でこの曲たちの歌詩を書き始めて漸く,いかに自分が邦楽っていう音楽の枠に囚われてきたかってことに気が付いたの.』

 今回のアルバムでのUtaDAの曲の歌詩は,かなりセクシーなものが多い.少なくとも,保守的とすら言える日本での標準に照らし合わせればそうであるようだ.例えば,"The Workout / ザ・ワークアウト"という曲では彼女はこんな風に歌っている."I was dancing with a dirty blond Texan / Charming accent but the music's playing too loud for talking / So I showed him how people in the Far East get down." 『くすんだブロンドのテキサス男と踊っていたの 訛りはチャーミングだけどお喋りするには音楽がうるさくて 極東の人たちがどうやって楽しむのか教えてあげた(訳:新谷洋子)』

 『英語では,それが普通に響くんだよね.』UtaDAは言う.『不快なわけでも,下品なわけでも,いやらしいわけでもなく….ただ踊り出したくなるくらいに楽しい感じに聴いてもらえるってだけで.』

 UtaDAが音楽業界に足を踏み入れているのは運命だといっていい.彼女の母親である藤圭子は1970年代日本で人気の演歌歌手だったわけだし,父親の方はというと音楽プロデューサーなのだ.UtaDAはニューヨークに生まれ,その幼少時代をマンハッタンと東京の両方で過ごす事になった.

 彼女の音楽のテイストはもうまるでなんでもあり,だ.両親からの(音楽的)影響を受けてUtaDAは,レッド・ツェッペリン(LED ZEPPELIN)からパール・ジャム(PEARL JAM)に至るまでのあらゆるロック,アリーヤ(Aaliyah)やジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)といったR&Bアーティストたち,そしてヒップホップさえも聴いて過ごしてきた.『今私のお気に入りのアルバムはコクトー・ツインズ(COCTEAU TWINS)のシングル・コレクション「スターズ・アンド・トップソイル 〜 コクトー・ツインズ・コレクション 1982−1990 / STARS AND TOPSOIL」とジェフ・バックリー(Jeff Buckley)のアルバムなんだ.でもやっぱりなんつっても我が愛しのスティング様!(笑) 彼が居なくっちゃとても生きてなんていけない!! まぁそれはつまりポリスもってことになるんだけど.(笑) 彼の事がもう好きで好きでどうしようもないの!』

 UtaDAは今回のアルバムもいつものようにプロデュースとアレンジを自らの手で行っている.しかし,この彼女にとって最初の英語詩アルバムの為に,敏腕プロデューサー・ティンバランド(Timbaland)に助けを求めた.彼はミッシー・エリオット(Missy Elliot)やJay-Zジャスティン・ティンバレイク(Justine Timberlake)といったところを今まで手掛けており,3曲でUtaDAに手を貸している.

『一緒に居たのは一週間だけなんだけど,』彼女は言う.『最後の方になったら彼は私が何をしたくなってるかっていうことをちゃんと理解してくれてた.とってもなクールな体験だったわ.』

 日本では既にリリースされ4日間で55万枚のセールスを上げているこの「EXODUS / エキソドス」だが,ユニヴァーサル・ミュージックによると,この数字は英語詩アルバムとしては新記録なんだとか.

 UtaDAは,日本でのこのアルバムの成功に驚きを隠せないでいるようだ.

 『いや,ホンマこらエライこっちゃ.(笑)』彼女は言う.『このアルバムを日本でリリースするのって,もう大きな賭けだったの.いや,まぢで思ったもん,”一体どこのどいつがこんなの買うんだっつーの? だってさ,英語で歌ってるんだよ!?”って.(笑)』

 アメリカという国では,それなりに有名といえるアジアのミュージシャンはほんの僅かしかいない.日本ではポピュラーな存在であるPUFFYのAMIYUMI(あみ&ゆみ)やドリームズ・カム・トゥルー(DREAMS COME TRUE)も,アメリカ市場を揺るがすほどの成功はまだ収めていないのだ.しかしながら,UtaDAは彼女が日本で手にしたのと同様の成功をアメリカでも得る自信がある,という.

 『日本語で素晴らしい歌を歌う人たちが,たくさん英語で歌う事にチャレンジしてきた.でも,そういう人たちって英語は話さないんだよね.そこが「画竜点睛を欠く」っつーかさ…』彼女は言う.『もし私がアメリカで育たなかったら,こんなこと(アメリカでデビューすること),やろうとすらしなかったと思うもん.そんなの,私に何の関係があるの?って.(笑)』

 UtaDAは自らがアメリカでは無名な存在であることを歓迎していたのだが,どうやら彼女の存在も(皆に)気付かれ始めているようだ.日本では,彼女が出掛けるたびに街はそりゃもう大騒ぎだったとか.

 『最初はずいぶん大変だったのよ〜.』彼女は呟いた.『10代の頃って,身近な家族や親戚なんかが,色んな期待をかけてきたり,行動を監視してきたりするでしょ? そういうのが日本に何百万人もいるみたいな感じだったんだから!(笑)』

訳後記:

 TIME誌のインタビュー以来,ずっとブリトニーと比較され続けてますね.一体何なんでしょ?それなりにアメリカでもキュートなルックスだと思われてるってことかな?(笑)それならいいんですが.記事としての目新しさはあんまりないですね.訳すのに時間取った割りに(涙).

 新味があるのは,Hikkiが最近聴いてる作品二つかな.まさかコクトーズの名前が出てくるとは思ってなかったのでビックリしました.(笑) タイトルからするとこのシングルコレクションは4AD(英国のニューウェイヴ/ネオ・アコースティック/ギターポップの古参レーベル.バウハウスが最初のアーティストだっけ?(←うろ覚え(笑))在籍時の曲を集めたものになるのかな.とすると,ちょっと暗黒で耽美な作風に寄ってる頃の作品群・・・そうですね,僕曰く(笑)「コンテンポラリー・トラッド」にジャンル分けできる"EXODUS '04 / エキソドス'04"が今作で一番近いかもしれませんコクトーズには.彼女自身も最近はそういった作風に靡いてるのかな? 

 一方でジェフ・バックリィの名前が出てきました.これ何でだろう?と思ったら,彼は
エディット・ピアフの曲をカヴァーしてるんですね.ピアフはずっとHikkiのフェイヴァリット・アーティストにも名を連ねてますから,そういった繋がりがあってのこと,なのかもしれません.まぁ彼女のことだから「後で知ってビックリした!」とかって言ってそうですけど(笑).で,御多分に漏れず(超大苦笑),彼ジェフ・バックリィも30歳の若さで夭逝してます.困ったもんだ・・・