×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 ENGLISH  JAPANESE

Channel 4.com Interview 投稿者:i_  投稿日:10/16(土) 10/28(金) 21:45

I'm a mad scientist!

「私はマッド・サイエンティスト!(狂気の科学者)」


http://www.channel4.com/music/features/U/utada.html

Utada has finally arrived in Britain!
Japan has had the pleasure of buying over 20 million of her records since 1999, but now we get to hear what all the fuss is about with her debut UK single, the extraordinary future-pop smash 'You Make Me Want To Be A Man'

It's Slashmusic's favourite record of the moment and Utada is our favourite new friend.
Find out why...


She drinks vinegar and eats nasty sweets:
UtaDAが遂に英国上陸!
日本は1999年以来、彼女のレコードを合計で2000万枚以上買えるという恩恵に浴した。しかしこれからあなたたちは、あらゆる所で、尋常でないショッキングなフューチャー・ポップ・ソング「ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン」なるUKデビューシングルとともに大騒ぎが巻き起こるのを耳にすることになるだろう!

目下のところ、これはSlashmusicのお気に入りのレコードであり、また、UtaDAは我々のお気に入りの友人に新しくなった。
では、そのわけをみていこうか!


UtaDAは酢を飲み悪趣味なスナックを食す!
U:
“My favourite thing is vinegar. I usually carry around a bottle of vinegar to just drink, maybe with water. I just need it. What's really big in Japan right now is this crazy spicy snack, like a bag of potato chips but it's got a picture of a skull on it. It's so hot it's painful. People cry and get sick! It's a popular, ridiculous, strange and sadistic fad. I used to love this very sour, crazy, gummy candy; just very intensely sour. I used to get toothaches from it but I loved it.”

U:
「私の好きなモノってたらまずお酢! 私、お酢のボトルをいつも持ち歩いてるの・・・飲むだけの為にな。(笑) 水と一緒にだけどね。私にはお酢が必要なの。んで、ちょうど今日本でとにかく人気なのがこのクレイジー・スパイシー・スナック(やたら辛いスナック)ってので、ポテト・チップスの袋のんみたいなもんなんだけど、その袋に骸骨の絵が描いてあるんだ。これがさ、もうね、もう痛いくらいに辛くって!(笑) 食べたら泣いて凹んじゃうくらい! 結構有名らしくって、でもバカバカしいよね。(苦笑) ヘンチクリンで、何よりこれ食べることってマゾ行為(笑)だよねーw こっちの酸っぱいイカれたガム・キャンディも昔から好きでさ、これがもうとにかくとにかく酸っぱくって。いつも歯が痛くなっちゃうんだけど、それがヤミツキになるっつーか、、、なんなんだろうね私。(苦笑)
She's not the Japanese Britney Spears - she's a mad scientist:
UtaDAは日本のブリトニー・スピアーズなんかじゃない――マッド・サイエンティストなんだ!
U:
“It's hard to put a label on me. Sometimes I'd get things like 'the Japanese Britney Spears' and that's just... oh! No offence to her but what I do is so different, it's almost a different job. I do all the songwriting and producing and arranging and she's more about dancing and singing. I'm more like a mad scientist in a lab, fiddling around with little things and looking in microscopes and tweaking things forever - which is what I do. Rather than being a popstar.

“The musicians I like - Madonna, Bjork, Prince... didn't fit a mould. If you had to introduce them now to a country that doesn't know about these people, you couldn't say they were like any other artist. The way I make music, the whole point is that it doesn't fit a mould.”

U:
「私にラベルを貼り付けられてもねぇ。(苦笑) たまに「和製ブリトニー」とか見掛けるんだけど・・・・・・それってどうなのよ!(爆) 彼女を攻撃するつもりはないけれど、私のしてることは彼女とはまるで違う。全然違う仕事だわ。曲作りもプロデュースもアレンジも私が全部やってる。ブリトニーはむしろ踊ったり歌ったりでしょ? 私ってまるでラボの中のマッドサイエンティストみたい。ちっちゃい器械をいじくりまわして顕微鏡の中を覗き込んでいつまでも微調整に明け暮れて・・・私が普段してるのはそういうこと。ポップスターっていうよりそっちに近いんだよ。

私のお気に入りのミュージシャンたち、マドンナにビョーク、プリンスとかは、型に嵌るってことがなかった。彼らについて知らない国に今彼らを紹介しようとしても、誰か他のアーティストを例えに出すなんてこと、できないでしょ? 私の音楽の創り出し方も、結局はその「型に嵌らない」ってことに尽きるんだな。
If she were a man she'd be a dirty one:

もしUtaDAが男だったなら、相当なヤリテになるつもりらしい(笑)
U:
“If I were a man I'd have lots and lots of sex with random girls! Just to see what it's like. It must be a different feeling, just the act. It's like the main physical difference. Going to the bathroom and things like that! I don't think that the way I think would change that much because, usually from talking with girls, I think I don't have a very girly brain. A lot of my friends are gay so that means that their brains are maybe more like girls than even mine. But I'm happy to be a girl. I think the reason why I have more guy friends is there's more importance on humour. It's more about joking around. I never had a group of girls I'd fit in with because when they'd say 'Oh, did you go to that store?' or 'There's a sale going on, did you try that new cosmetic...?' I'd have no idea what was going on.”

U:
「私が男だったら、いろんな女の子とセックスしまくってやる!(爆) それってどんな感じなんだろう、って興味があるんだ。感じ方はどう違うんだろう、とか。そういう行為がね。カラダの違いからくることが多いのかな。トイレとかも行ってみたいよね!(笑) といっても、私自身の考え方がそんなに大きく変わったり、っていうのはあんまないと思う。てぇのも普段女の子たちと話してても、自分がそんなに女の子っぽい脳みそを持ってるとは思えないんだもん。私の友達って大抵がゲイで、それって彼らの脳みそがもしかしたら私の脳みそより女の子っぽいってことでしょ。でも、私は自分が女の子でよかったなって思う。男の子の友達のほうが多い理由っていうのは、思うに、ユーモアにより重きを置いてるってところなんだろうな。冗談が溢れ返ってるあの雰囲気がいいんだよね。いわゆる女の子グループになじんだことがないんだ私って。彼女たちは決まってこういうの、『ねぇねぇ、あのお店行った?』『あそこでセールやってるんだって! 新しいコスメ試してみた?』・・・えぇい!どこで何やってようが私の知ったことかっ!(爆)」
She wants to be alone:

UtaDAは独りで居たいらしい。
U:
“Being totally alone makes me happy. It's my natural environment. I only feel completely relaxed when I'm alone. I'm an only kid so... Not that I don't like being with people, just that I need me-time.”
U:
「まるまるひとりっきりってのはシヤワセだぁね〜(ニヤニヤ) 一番自然な状況に思えるよ私にとって。ひとりっきりだと完全にリラックスできちゃうってことなんだが。単にガキなだけなのかも、、、でも、みんなといるのがキライってわけじゃないのよ。ただ一人でいる時間も私には必要だってだけ。」

She's not all that fussed about fame:
UtaDAは、名声に固執したりしない。
U:
“I think the value of fame is going down. Even on Japanese TV, there are all these shows centring around everyday people. That is quality television now. I think there's a reverse thing going on now where to be a celebrity you have to show how normal your life is and reveal all these things so that people can say: 'Oh, they're the exact same as us. They go to the bathroom! They have weight problems!'

“I don't want fame or money. I'm just doing this for what it is. I want to be good at something. I don't think it would've been that different if I went into cooking or biology or being a very good waitress, to make sure I do my best at what I choose to do. I just chose music for this stage of my life. I think eventually I just want to try being a very good housewife. Just be very good, like a master cook and always be cleaning. I'd make sure all the lightbulbs were changed... It can be very rewarding. Of course, if my husband didn't say anything about it I'd be very disappointed, but it's the process I like. I think I would like my current job much better if fame wasn't involved. I hate being treated like a famous person. But I don't get noticed too often because people just don't expect me to be walking around. I get comments like 'Oh, that girl looks just like Utada!'”

U:
「有名になるってことの価値自体が落ちてきてると思わない? 日本のTVでですら、普通の人たちが中心になった番組だらけ。それが今のテレビの特性というか。どうやら、全く逆のことが起こってるんじゃないかな。有名人は、自分がどれだけ普通の生活をしているか見せなきゃならなくなったし、全部のことを曝け出さなきゃならなくなった。おかげで、みんなこう言うわ。『へ〜、彼らも僕らと変わんないんじゃん! トイレにも行くんだ! ダイエットもするんだ!』って。(苦笑)」

「もうお金も名声も要らない。そういう架空の手形じゃなくってもっと実質的なことをしたい。ただ、今やっていることが、それそのものに貢献するっていう、そういうことに携わっていたい。何でもいい、何であれ「クオリティー高ぇ」こと(笑)を目指したいんだ。もし私がコックになろうとしても生物学者になろうとしてもウェイトレスになろうとしても、結局そんなに変わらないんじゃないかな。自分がやろうと決めたことについて、ベストを尽くそうとしますよ、えぇきっと。(笑) ただ、今は現実として音楽を自分の人生の舞台として選んだ、っちゅーだけであってね。実際、今ちょうど、“いい主婦”であろうとしていたい気分なんだ。主婦として「クオリティー高ぇ」(笑)のってどんななんだろう、、、料理がすっごく上手、とか、毎日ちゃんとお掃除できてる、とか?(笑) 全部の電球を取り替えるってのも、ちゃんとやるだろうなぁ。そういうことは、それはそれで自己完結的に満足が得られるものなんだと思う。もし自分の夫が、私が主婦としてやったことの数々にぜんぜん気がついてくれなくっても――もちろんそれはそれでガッカリしちゃうことだけど――、なんていうの、そういう仕事のひとつひとつの中にあるプロセス自体が、私は好きなんだ。・・・・んでも、もし名声がどうのっていうことにかかずらわなくっていいってんなら、もっと今現在のこの『音楽』っていう仕事を好きになれるんだろうなぁ私も。(苦笑) “有名人”っていう括りで扱われるのに嫌気が差してるんだ。と・は・いうものの!案外、誰にも気づかれないもんだよ、みんな私がそこらへんを歩き回ってるだなんて期待してないからね。いっつもこう言われる。『あっ! ほらほら、あの女の子、宇多田ヒカルそっくりじゃない!?』って。(爆)」
She loves pussycats:

UtaDAは小猫が大好き・・・なんだって。(笑)
U:
“I love cats. I don't have one right now but I love them. I hate dogs. I hate the sound of dogs barking. I shouldn't say I hate dogs, I'm scared of dogs. It's kind of sad. Usually small ones, because they bark a lot.”
U:
「猫、いいよねぇ〜! 今は飼ってないんだけど、猫は大好き! 犬は嫌いだな。犬が吠えてるのを聞くのがキライ。・・・・・・うーん、キライっつーか、なんていえばいいんだろ、、、なんか、ビクッとしちゃうんだよね、哀しい感じがするっていうかさ。ほら、よく言うじゃん『弱い犬ほどよく吠える』って・・・小犬たちがビクビク震えてる、そのフィーリングに触れるのがイヤなんだろうね私は。」
She even loves their mental noises:
頭の中でも小猫ちゃんたちが泣いていらっしゃるらしく、、、(苦笑)
U:
“When I go through all my synth sounds, they all have weird names provided by the software company, but when I save a sound I'll make a new name for it so I can remember it. I think the one at the start of 'You Make Me Want To Be A Man' was saved as 'Crazy Cat' because it sounded like a cat going hysterical. I'm not sure what it really is, I never figured it out.”

U:
「自分のシンセ・サウンドを見直してみたらソフトに入ってるそのサウンドにはソフト作った会社がつけたと思しきヘンテコな名前がついてるみたいなんだ。でも、私がその音を保存するときには自分で新しく名前をつけなおすのね。だから、その場合は音がどんななのか、ちゃんと覚えてるよ。確か「ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン」の最初のヤツは‘クレイジー・キャット’(イカレタネコ)って名前で保存したと思う。(笑) なんか、盛りのついた雌猫みたいな気がして。本当にそんな声なのかどうか知らないよ。(笑) 想像もつかないし。 元々の音の名前も、えぇっと、なんだっけかなぁ・・・?(苦笑
She doesn't feel Japanesey:
UtaDAは、自分が純粋な日本人という気もしないらしい。
U:
“I don't really fit in. Just the fact that I'm bilingual. It's pretty rare if someone speaks English in Japan. The fact that I was born in New York and spent half my life there, people looked at me as a half-American - not the same. And you can't feel American if part of you is not American. To be American is to know nothing else and be ignorant of the outside world. But I don't feel Japanese either, just completely international. I identify well with my friends from international schools with multicultural backgrounds.”

U:
「ムリヤリそう思うこともないでしょ。ただ、バイリンガルだっていう事実があるだけ。日本で誰かが英語をしゃべるだなんてそう滅多にないし。ニューヨーク生まれで人生の半分をそこで過ごしたっていう、そういう事実が先にあったから、みんな私のことを半分アメリカ人として見てたわ。違う人種としてね。一方で自分の半分がアメリカ人じゃないというのであれば、純粋なアメリカ人として自分を捉えることもできないわけで。純粋なアメリカ人である、というのは、外側の世界について何も知らないかまったく関心がないか、ということ。(苦笑) 私は自分が純粋な日本人であるとも感じられないから、最終的には、国と国同士の間にいる存在――国際人、地球人てことになるんだろうな。でも、そういう感覚は、複数の文化的バックグラウンドを持つインターナショナル・スクールの友達たちと一緒に居たお陰で、よぉく磨かれたよ。」
Her favourite word is a rude one:

UtaDAが好きな言葉…なんだけど、まぁ、ハシタナイもんだ。(笑)
U:
“My favourite word is the Japanese word for shit: kuso!”
U:
「私の好きな言葉?? ――“くそっ!”(爆笑)」
She doesn't mind if you forget her:

UtaDAはみんなに忘れられようと気にしない!
U:
“I don't think I would really want to be remembered in 100 years time. I don't mind if everyone's forgotten me. I'd be dead and I think I'd be wanting to be left alone. Finally alone for good!”

U:
「100年経っても覚えていてもらいたいとは全然思わない。みんなから忘れ去られようと構うものか!(笑) もし私が死んだらほっといてほしいと思ってるだろうね未来の私は。結局最後の最後には、念願のひとりっきりになれるわけさっ!(爆)」
Thanks Utada!
See, we told you she was ace.

ありがとうUtaDA!

ほら言ったでしょ、彼女こそ孤高の切り札なんだ、って!(笑)