×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 ENGLISH  JAPANESE

CD UK.com Interview 投稿者:i_  投稿日:10/28(金) 21:49

Interview by RB
インタビュー:RB(註:インタビューアの略称/イニシャルでっしゃろか)

http://www.cduk.co.uk/music_interviews_template1.php?section=3&subsection=2&id=1025&currItem=0
Utada
20.10.05

She's one of the world's biggest musical artists, but chances are you've never heard of her. She's already sold over 20 million albums, and released her debut solo album over here on Monday. We caught up with Japanese superstar UTADA, who brought along her most prized possessions, and talked us through what makes her tick.

UtaDA
2005/10/20

彼女は世界でも屈指の音楽アーティストのひとりなのだが、彼女のことを聞いたことがある人は滅多にいないだろう。既に2000万枚以上のアルバムを売った彼女が、月曜日当地英国でデビュー・ソロ・アルバムをリリースした。我々は日本のスーパースターUtaDAに接近、彼女が一番大切にしているであろう持ち物をもってきてもらって、彼女に仕事をさせてくれるものを通して我々にいろいろと語ってもらった。

LAPTOP

This is the centre of everything; it’s my G4 laptop. I totally need it to do anything. This is a new one, and it was very sad when my old one died. I had to do a rescue operation and take it to this computer store where we spent six hours trying to transfer all the data while it was dying out. This one’s doing very well so far, fortunately.
ラップトップ

これがないと何も始められないよね(笑)、ラップトップのマックG4です。最初から最後まで何をするにもこれが必要。実はこれは新しいヤツで、前のはダメになっちゃって、悲しかったな。急に手術をしなきゃいけなくなって、これを買ったコンピュータショップに持っていったんだけど、完全にダメになっちゃう直前の6時間、全部のデータを移動しようとがんばったんだ。新しいコイツは今んとこちゃんとやってくれてるよ、ありがたいことにね・・・。
KEYBOARD

This is my keyboard, which I programme a lot of things on. The first instrument I ever picked up was a piano, when I was five years old. I went to my first lesson and I couldn’t play the scale, so I cried and said I can’t do it. I’m quitting and quit. My parents never forced me into doing anything, but eventually when I was about eight I wanted to learn again. Then I stuck at it and learned classical piano for a pretty long time, until I got bored of it and just began learning chords to write music with. I also play the guitar, and write some songs on that. It’s easy to get attached to a guitar. I grew up watching my father play the guitar so there was always one in the house. It was the humming bird: so beautiful. I’m not that attached to my guitar yet; I’m more scared of losing my laptop or the data I have. I take all my equipment around the world with me, and it’s kind of a hassle to travel with because at the airport they check it like crazy. They’re so rough at the airport - they throw it around. So I have to say It’s very expensive! and then they back off a bit.

When I got married I took a one-month trip around Europe to get away from the Japanese press, and took no musical equipment with me. I thought of a song on a mountain somewhere in Southern France and there was no store of any kind near by. I really needed any kind of cheap synth keyboard I could find. So we drove back into the city just to pick up a keyboard - a really rubbishy one! - brought it back and I worked on it. That’s when I realised I can’t really get away from it.

キーボード

これが私のキーボード。これを使ってたくさんプログラムするんだ。最初に選んだ楽器はピアノだったんだけど、うん、5歳のときかな。最初のレッスンに行ったとき、スケールが弾けなくって、私泣いて言ったんだ「できないよぉ〜!もうやめる!」・・・んでやめた。(笑) パパもママもムリヤリ私に何かをさせようって気は全くなかったみたい。でも、結局8歳になるころには、もう一度習い直したくなってたんだけどね。(笑) そのあと、かなり入れ込んでクラシカルピアノを結構長い期間習ってたのかな、それに飽きるころには、ちょうど作曲をするためのコードを覚え始めてた。ギターも私プレイするんだけど、そっちで曲を書くこともあるんだ。ギターって手にとりやすいじゃん? お父さんがギターをプレイするのを見て育ってきたから、いつだって家には必ず一本ギターがあった。ハミングバードだったかな・・・それがチョーキレイでさ(笑)、私はといえばそんなに自分のギターにはまだ入れ込んでないんだけど・・・どちらかっつーとこのラップトップとPCのデータが消えることのほうが怖いかな?(笑) 世界中のどこに行くにも自分の機材は全部一緒に持っていくから、旅行するのって結構な一大事になっちゃうんだ。んだってさー、空港でのチェックがもうそれはそれは大変でっ!(爆) チェックする人たちってかなり乱暴だから、機材投げちゃったりするんだよ! その度に私は「ちょっと!それ高いんだからね!!」って声をあげなくちゃならないの。(苦笑) まぁ、そう言えばちょっと控えめになってくれはするんだけどね。

結婚したとき、日本の報道陣から逃げるように(笑)、一ヶ月間ヨーロッパを旅行したんだ♪ そんとき、音楽の機材を何も持っていかなかったんだな。ところが、北フランスのどこかの山で1曲思いついちゃって。でも近くにそういうお店とかなくてさ、どんなチープなのでも見つかりさえすればいいからシンセが欲しい!ってなっちゃって、結局、そのためだけに街に車で戻ってキーボードを買ったんだけど・・・いや、これが実に素朴なヤロウでね!(笑) それ持って帰って仕事したの。いやぁこんときに素直に認めたね、「結局自分は音楽から逃れられないんだべか!?」って。(苦笑)

HEADPHONES

My hearing is pretty good. I went to a friend's house one day and, when I went out through their backyard, I heard a very disturbing noise - like a high pitched piercing sound, and I said Ouch! What’s that? Everyone else was, like, What are you talking about? I was the only one going crazy and, later, my friend called me saying it must be the high frequency sound they have to keep away cats! It’s all about training, I guess. You can sharpen your sense of sight, or your hearing, anything. I spent so much time paying attention to sounds and being really anal about it that my ears got really good, I think.

I never listen too loud to my headphones. I don’t mind turning the music up in my studio because you need to, but I know some musicians - especially band members like my guitarist - that have played in loud environments so long that they can’t really hear well any more. He needs the click to be turned up like crazy. I wouldn’t want that to happen.

I went to get a medical check up a few years ago and they tested my hearing. They put some headphones on me and played high tones and low tones and told me to push a button when I heard a sound. But that one time it was really weird. I was pushing the button a lot or not pushing it at all, and the nurse came in and looked really scared. She said: Miss, I think you’re losing your hearing in your left ear. I thought Oh my god. I have to find another job! But it turned out that the machine was broken!

ヘッドフォン

私、耳には自信あるの! いつだったか友達んちに遊びに行ったとき、裏庭を通り抜けたんだけど、すんごい耳障りな音がしたのねそんとき。さしもの1週目のボンジョヴィも尻尾を巻いて逃げ出すような・・・。高音で耳を劈くような音だったんだけど・・・それであたし、「うひゃぁ!何よこの音!?」って言ったんだけど、他のみんなはミルコみたいに「お前は何を言っているんだ?」って顔でさ〜。(苦笑) 私ひとりだけバッカみたいにはしゃいじゃって、あとでその友達にきいたんだけど「あれってもしかしたらネコよけの超音波だったんじゃない?きっとそうだよ!」だって。(笑) ・・・・・・結局、何事も訓練なんじゃないかな。視力の精度を研ぎ澄ます、とか、聴覚でも何でもいいんだけどさ。私の場合は音に注意を払うことに多くの時間をいつも費やしているわけで、音に関してはすんごい分析的になってるから、私の耳もどんどんよくなっていったんだろうね。そう思うわ。

ヘッドフォンのヴォリュームをテンにすることは絶対しないね。スタジオの中で音楽の音量を上げるのは構わない。そうする必要があるならね。でも、長い間大音量の環境でプレイし続けた所為でもう耳がよく聞こえなくなってる人たちのことを私は知ってるから・・・特に、私の仲間のギタリストみたいな、バンドをやってる人たちはね。その人はバカみたいにデッカイ音のクリック・トラックがないとダメなの。そういうことには、なってほしくないよね。

2〜3年前にメディカルチェックを受けに行ったことがあって。そんときにヒアリング・テストもしてもらったのね。私にヘッドフォンをつけさせて、高い音から低い音までを鳴らして、音が聞こえたらボタンを押してください、っていうの。だけど、最初んとき、ヘンなことになっちゃって。私、何回もボタンを押すか、全然押さないかのどっちかで。したら看護士のおねーさまがやってきて怯えた顔でこういうわけさ、「お、奥さん! 貴女の左耳の聴力が失われてるみたいですわ!」って! 「なんてこったっ! こりゃ新しい職場探さなきゃ!」って思っちゃったよもう。(笑) 結局、単に機械が壊れてただけだってわかったんだけどね。 しかしありゃびびった!
HARD DRIVE

There’s quite a bit of material on it - I’d say about 13 new songs are in there. If the album is a big hit, it could be worth four or five million dollars, maybe. I was thinking about the possessions I have. I’m not really into jewellery so I don’t have anything really expensive, and the only thing I thought I would be scared to have stolen is my hard drive.

I keep all my old equipment from my first Korg Triton to even that crappy keyboard I bought in the middle of nowhere in France. I have a warehouse and store it there. I did a small exhibition of my equipment with a tour I once did, along with old costumes and props from my videos. They were all put outside for the fans to view while they were waiting for the show to start. I don’t think I would want a big museum. It’s like having a big funeral. I’d say Mo, I want a humble little funeral, don’t pay too much money on me!

ハード(・ディスク)・ドライヴ

ここには素材をほんの少しだけ入れてある――13曲新曲がここにはある、とだけいっておこうw もしアルバムが大きなヒットになったら、このドライヴは400〜500万ドル(5億円前後)の価値があることになるだろうね、・・・もしそうなったら、だけど。(笑) 自分がもってるもんを洗い直してみたことがあるんだ。宝飾にも飽食にも興味ないし、ホントに高い買い物なんてしないから、だからそんときに私が盗まれるのが怖いなぁ、と思ったたったひとつのものが、このハード・ディスクなのよー。(汗)

私、自分の使ってた楽器は全部とってあるんだ。最初のコルグ・トリトンから、このフランス中部のどこぞで買ったカワイイキーボードに至るまで。倉庫があってそこに置いてある。一回だけやったツアーのとき、私のイクイップメントを展示したことがあって。ビデオで着た衣装とか使った小道具とかのことね。コンサートが始まるのを待つ間ファンのみんなが見れるように外側に全部置いといたの。私、これからもおっきな記念館とかほしいとは思わないだろうな。盛大なお葬式をやるとかもね。「も〜っ、お葬式やるんならもっとひっそりとやってよ、あぁ、そんなに包んでくれなくっていいからさ!」って天国からつっこんでそう。(苦笑)

POWER CABLES

Electricity is important in my life now, but my dream as a kid was to be either a Manga artist or a scientist. What I do is almost like a science of sound so it's not very different from what I envisioned. I thought I'd be in a white lab coat in a laboratory all day and night with no windows. It’s kind of what I do now. Being in a studio, there’s no windows and long hours.

パワー・ケーブル

今では、電気の存在は私の人生に必要不可欠ね。子供のころの夢はといえば、マンガ・アーティストか科学者だったんだけど、今の私の仕事ってほとんど“音の科学”みたいなもんだから小さい頃思い描いてたのとそんなに変わらないかもね。白衣着て昼夜問わず来る日も来る日も窓のない研究室にとじこもって、だなんて想像してたんだから・・・やっぱ今とそんなに変わらないや。(笑) スタジオに居るっていうのは、長時間窓のない生活なわけだし。
I think the beauty in science is that nothing is really clear at all, so you just have to study something that’s as flawed as you are. One flawed thing facing another flawed thing can be quite beautiful. Lucky accidents in my music happen a lot. I would make a mistake and turn a track into the wrong sound, but it plays back really right and I think Oh this is the sound I should have gone for from the start. So that happens, or I lose something and I have to try to remake it over and it turns out better. Having said that I would still have been a musician in an age before electricity, because the first thing I did was sing. I don’t know if I would’ve done any arrangements, but I think I would’ve been a simple singer / songwriter with a guitar or just like a piano.

I like simple things. There really isn’t that much at home that is that valuable. I’m so not attached to anything like furniture, clothes, jewellery. With other pop artists that’s their lifestyle and, if they were poor when they were kids and they wanted to be rich, that’s fine. It can be disappointing for the fans, maybe - if the music disappears into the background, but I think a lot of people balance out those two aspects nicely and they work seriously and they use the money seriously, too. I’ve never valued material possessions because I’m so used to being taken out of my environment without it being my decision. In grew up half in America and half in Japan, so my parents used to just say, Oh, we’re gonna go to Tokyo tomorrow, so pack up, and I would have to leave most of my things behind, or leave my friends behind. So it’s difficult for me to be attached to a person, even. I guess I expected to be cut off from things around me that were important, so I became a very self-contained person. I enjoy being alone very much. If I have my own room, then I’ll just go in there and be alone. I don’t really need vacations to relax. I’ll just take a bath with a good book. I really hate it when I get treated like a diva.


I’ve been going seven years, which is a long time to be working hard and not getting too introverted, thinking I’ll just do my little thing and no one look me. When I appear on a music show, I notice that everyone else - even if they’re older than me - seem to have shorter careers than I do. It’s kind of scary. I could still be doing this when I’m 40. I don’t know if I’ll be a housewife or a Madonna or both. I mean, she seems to handle the family thing and the music thing very well. Madonna doesn’t fit the mould of any other artists so you can’t really compare her. You can’t really put another name next to her. People ask me to name an artist they can compare me to very simply, like: She’s the Japanese... something. The whole point I’m making with my music is that it doesn’t fit another mould. So I’ll just have to keep on working until people know what I’m like. And then become a label someday, hopefully.
科学に美しさを感じるのは、欠点のないものなんて実は存在しないからだと思うんだ。だから、常に自分とちょうど同じ欠点のあるものと向き合って学んでいかなくてはならない。こっちが欠けているものと、あっちが欠けているものが合わさったとき、そこに全く美しいものが顕れる。私の音楽にも“思いがけない幸運”と呼べるものが結構あってね、スタジオで何かミスをしちゃって、録音しようとしたのと違うサウンドになっちゃったかなと思いきや、聴き返してみるとこれが意外にしっくりきたりする。「あれ?もともとを辿れば、私が行き着くべきだったサウンドはこれだったんじゃないか実は?」だなんて思ったりするわけだ。(笑) だから、そういうことって起こり得るんだよね。つまり、何かを失ってそれをもう一度一から作り直さなくちゃならなくなって、でも結局はそれがよりよい結果に結びつく、っていう、そういうことが。電子楽器みたいなのがまだない時代であっても、私はきっとミュージシャンだったんだろうな、って言ったことがあって。っていうのも、私って、生まれてきてまず最初にできるようになったことが、歌うことだったらしいのよ。(笑) いろんな楽器を使った編曲まで手掛けてたかどうかはわからないけど、それでもギターかピアノを使って素朴にシンガー・ソングライターみたいなことをやってたんだと思うよ私は。


シンプルなものが好き。本当に価値のあるものなんて、家にそんなにあるわけじゃない。家具や衣服、宝飾みたいなものにそんなにこだわるってこともないし。他のポップ・アーティストに関しては、それは彼らのライフスタイルだし、もしかしたら子供のころ貧しくって裕福になりたかったのかもしれないわけで、それはそれで素晴らしいことだと思う。もし肝心の音楽が、お金のせいで後ろのほうに追いやられてたなら、ファンの人たちは落胆しちゃうかもしれないけど、でも私は、みんなうまくその二つの側面の間でバランスをとってると思うよ。仕事をすることについても真剣に、そしてお金の使い道についても真剣にね。私自身は、物質的な所持に価値を見出してたことは一度もない。なぜなら、小さいころからよく自分のそのとき居る環境から追い出されてたから・・・それも自分の意志を聞かれることなしに。アメリカで半分、日本で半分、それぞれで人生を生きてきたから、パパとママはいつも私にこう言っていた、「おい! 明日東京に行くぞ! 40秒で仕度しなさい!」って。(笑) 自分の持ち物を殆ど置いていかなくっちゃならなかったし、友達ともすぐお別れだったし、たったひとりの人と仲良くなることすら私には難しいことだった。たぶん、自分の周りにある大事なものから切り離されることがいつも頭にあったんだろうね、いつのまにか私、自分で自分を満足させる人間になっていっちゃった。だから、ひとりでいることをとても楽しむことができるようになったよ。もし私に自分の部屋があったのなら、ただそこにエスケープしてわたしだけの居場所をつくるの。リラックスするのに休暇をとる必要なんてない。ただいい本を持ってお風呂に入るだけでいいわ。自分のことを、ゴージャスなことばかりしてる歌姫みたいに思われるのは、心外だな。


7年間やってきて、どこかに完全に引き篭もっちゃうことなく仕事を頑張ってきたけど、それって結構長い時間だよね。「私のするどんな小さなことでも、それは誰のためでもないの。」って思う。ビートルズじゃないけどさ。(笑) 音楽番組に出てみると、私より年上の人も含め他はみんな私よりキャリアが短かったりするの。ちょっと恐いよね。40歳になってもまだこの仕事続けちゃってるかもしれないし。もしかしたら主婦をやってるかもしれないし、マドンナみたいになってるかもしれないし、あるいはその両方かもしれない。わからないわ。でも、マドンナも家のことと音楽のことをとてもうまく両方やりこなしてるみたいね。マドンナは他のどのアーティストの型にも嵌らないから、誰も彼女を誰かと比較できない。彼女の隣に誰かの名前を記すことすら適わないわ。ひとは私に、私と比較できるアーティストの名前をきいてくるんだ、「UtaDAは和製・・・なんとか、なんでしょ?」っていう具合。でも、私が音楽を作る上で終始一番重点を置いてるのは、他の型に当て嵌まらないようにすることなの。だから、私は、自分が何者なのかをみんなに知ってもらえるまで働いて働き続けるつもりよ。そうして、いつの日か私自身が貼られるラベルの方になりたいな。それは望むところだっ!(笑)


UTADA's single 'You Make Me Want To Be A Man', and her album 'Exodus' are out now

UtaDAのシングル「ユー・メイク・ミー・ウォント・トゥ・ビー・ア・マン」&アルバム「エキソドス」は目下発売中です。