×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 ENGLISH  JAPANESE


本文&翻訳:Press Release from Island Records 2004/6/16
Press Release Source: Island Records


Remember This Name: Utada
Wednesday June 16, 6:32 pm ET
Exciting singer/songwriter to release U.S. debut on Island Records this fall
'One of the brightest young pop stars in the world.' - Christopher John Farley, Time Magazine


NEW YORK, June 16 /PRNewswire/ -- In Fall 2004, 21-year-old singer/songwriter Utada will introduce the U.S. to her enigmatic fusion of alternative, pop, dance and funk grooves with EXODUS, her U.S. debut on Island Records. The stylish young star composes, writes and arranges all her songs, infusing her music with seductive, witty lyrics and well-crafted melodies. She is joined on her debut album by some outstanding special guests that reflect her varied tastes: drummer Jon Theodore from Mars Volta delivers an infectious groove on "Kremlin Dusk," and master producer Timbaland, who adds his funky touch to "Exodus '04," "Wonder 'Bout" and "Let Me Give You My Love."
(Photo: http://www.newscom.com/cgi-bin/prnh/20040616/NYW163 )
Raised in New York in a musical family (her father is a musician/producer and her mom was a beloved traditional-style Japanese singer in Japan), Utada was fed a diverse musical diet of The Beatles, Led Zeppelin, Metallica, The Police, and Dr. Dre, all of whom left their mark on Utada's musical style. At age 13, she was approached by Toshiba EMI to write several Japanese pop songs, resulting shortly thereafter in her first major album for the label in 1999. The release sold over 10 million copies in Japan, catapulting Utada to superstar status at just 15 years of age. So watch out U.S. ... Utada fever is one the way this fall!

http://www.utada.com
こいつの名を忘れるな!:Utada

6月16日(水)東部時間18:32
この秋にアイランド・レコードから全米デビューアルバムをリリースするエキサイティングなシンガー・ソングライター.
『世界で最も光り輝いている若きポップスターのうちのひとり』―― クリストファー・ジョン・ファーリィ(タイム誌)

ニューヨーク,6/16/PRNewswire: 2004年秋,21歳のシンガー・ソングライターUtadaが,アイランド・レコードからの彼女にとっての全米デビューアルバム「EXODUS/エクソダス」によって今迄隠されていた彼女のオルタナティヴ/ポップ,ダンス,ファンキーなグルーヴを融合させた音楽をいよいよ全米に打ち出す.この洒脱な若きスターは総ての楽曲で作詞作曲編曲を手掛けている.彼女はその楽曲たちに魅惑的でウィットに富んだ歌詩と練りに練られたメロディをありったけ注ぎ込んだ.またUtadaはそのデビューアルバムで,目を見張るようなスペシャルゲストたちと共演している.その人選はは彼女の音楽の多様性を反映していて,ドラマーにはMARS VOLTAからジョン・セオドアが”Kremlin Dusk/クレムリン・ダスク”という曲でとどまることを知らないグルーヴの渦を持ち込んでいるし,名人級のプロデューサーである,かのティンバランドは”Exodus '04/エクソダス 2004”,”Wonder 'Bout/ワンダー・バウト”,”Let Me Give You My Love/レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ”といった曲に彼ならではのファンキーなタッチを加えている.ニューヨークの音楽一家の中で育ったUtadaは(父はミュージシャン/プロデューサであり,母は昔,日本でとりわけ愛された演歌歌手だった),ビートルズ/レッド・ツェッペリン/メタリカ/ポリス/Dr.Dreといった実に様々な音楽を栄養としてきていて,そういった影響の総てがUtadaの音楽スタイルの中に刻まれている.13歳のとき,東芝EMIから日本向けのポップソングをちょっと書いてみないかとアプローチがあり,程なくしてそのレーベルから最初のメジャー配給アルバムが完成した.それが1999年のこと.そのアルバムは日本で1000万枚を売上げ,まだ15歳だったウタダをスーパースターの座に押し上げた.さぁ,見てろよアメリカ! Utadaフィーヴァーはもうこの秋にまで迫っているぞ!



iおまけ・・・(”独り言”)
投稿者:i_ 投稿日:06/17(木) 13:03

うりゃっ! 用語&英語の解説だぃ!(かなり自分勝手なので注意!)


EXODUS/エクソダス(旅立ちとか出発とかそんな意味っす.宗教色も暗示する場合が多い.)

alternative/オルタナティヴ(ロックの一ジャンル,くらいの説明しか,もはや出来ん.(苦笑)ロックですらないか.)

funk grooves/ファンク・グルーヴス(…改めて説明しろといわれても難しいなぁ…こういう音楽って日本で市民権得てないからなぁ…ものすごく大雑把に言えばジェイムス・ブラウンみたいな音楽のエッセンス,とでもいえばいいか? 思わず身体を動かしたくなるようなタッチが音楽にある,ってことっす大雑把な意味だと.funkyの訳語って”イカした”くらいが適当かなぁ.)

Kremlin Dusk/クレムリン・ダスク(直訳だと”クレムリン宮殿の黄昏”になる.クレムリン宮殿は旧ソ連の政府中枢部.私見だけど,”太陽と戦慄”や”クリムゾン・キングの宮殿にて”で有名なKING CRIMSONを意識してたり…しないか(笑).)

THE BEATLES/ザ・ビートルズ(世界でいちばん有名なロックバンド.ジョン・レノンさん(故人)やポール・マッカートニーさん(現役)が居た.)
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/
LED ZEPPELIN/レッド・ツェッペリン(英国出身のハードロックバンド.全米でのレコードの総売上は軽く1億枚を超えるそうな.)
http://www.wmg.jp/zeppelin/
METALLICA/メタリカ(アメリカのヘヴィ・メタル・バンド.去年発売したアルバムは15ヶ国で初登場No.1でした)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/Metallica/
THE POLICE/ザ・ポリス(「宇多田ヒカルの”抱かれたい男No.2」として有名な(?)スティングさんの在籍していた英国のロックバンド)

Dr.Dre/ドクター・ドレー(ラップ・ヒップホップ界の”虎の穴”ともいえるN.W.A.出自のアーティスト.このジャンルのミュージシャンに関しては詳しくないんであんまり喋らないでおこう.でも一回「トレボヘ」で掛かったよね?)

"Wonder 'Bout"は何て訳したらいいのかわかんない.誰か助けて!

"Let Me Give You My Love"は直訳すると『私の愛をあなたに与えさせて』なわけだが,こういうシンプルな英語は歌詩を見るまで何て訳せばいいのかとんと見当もつかん.


追伸:昼御飯食べてる時間がねぇーーっ!!(T∇T)