×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 ENGLISH  JAPANESE



依頼:Nylon Magazine; June/July 2004
情報源はutada-online.net(http://www.utada-online.net/),
下の原文はそこのhttp://www.utada-online.net/article_nylon.htmlから
(無断(汗))引用させて頂きました.

Great Unknown
As Japan's biggest pop star- who is also just a normal student in Manhattan- Utada Hikaru has the best of both worlds. But for how much longer?

By Jeffrey Rotter
Nylon Magazine; June/July 2004

((01)) The woman in this picture led a double life. In New York City, her hometown, she's a Tolstoy fan who just took a leave of absence from Columbia University. She's unassuming, even a bit bookish. She shops at Gap. But in Japan she's got more fans than Yugi Oh. She sells out stadiums, and she did an MTV Unplugged.

タイトル:グレート・アンノウン(知られざる大物)

日本では最もビッグなポップスター,マンハッタンではただの普通の学生,そんなUtada Hikaruは両方の世界でベストな存在だ.でもそれもいつまでのことやら? 

文章:ジェフリー・ロッタ,
ナイロンマガジン2004年6〜7月号

この写真(註:雑誌を見ておくれ)の女性は二重生活を送っている.ホームタウンであるニューヨーク・シティでは,彼女はコロンビア大学を休学しているトルストイ好きの女の子だ.GAPなんかで買い物をする,控えめで本好きな感じの.でも,日本に帰ると遊戯王(註:日本発のマンガ/アニメ.海外でも大人気.ジャパニメーションの代名詞のひとつ的存在.)よりも多くのファンが居る.スタジアムをソールドアウトにし,MTVアンプラグドにも出演した.


((02)) Her name is Utada Hikaru, and she's one of Japan's biggest pop stars. Hikaru's debut album, First Love, sold about 10 million copies. A recent deal with Island Def Jam may put an end to her stateside anonymity. The singer-songwriter's first big US effort has a lot going for it. For one thing, Hikaru has reenergized her sound- gone is the precious pop of her Japanese releases, replaced by aggressive beats and an air of dance-floor sexuality that's strung with sonic gewgaws. For another thing, she called a Top-40 expert for a few of the tunes. Ten days in Miami with the can't-miss producer Timbaland resulted in three of the funkiest numbers on the record. "The whole time, I couldn't believe I was working with him," she says, obviously a bit star struck. "He said, 'You know, Utada, you're pretty dope.' I said, 'Thanks. You're pretty dope, too.'"


彼女の名前はUtada Hikaru,日本で最もビッグなポップスターのうちの1人だ.Hikaruのデビューアルバム「FIRST LOVE」は約1000万枚を売り上げた.最近アイランド・デフジャムと結んだ契約が,米国本国での無名時代に終わりを告げることになるかもしれない.このシンガー・ソングライターの最初の米国に向けての新しい大きな努力が今それに奉げられている.まずひとつ.Hikaruは自分のサウンドを充填し直してきた.日本でリリースしていた可愛らしいポップさは鳴りをひそめ,煌びやかな音の洪水を纏ったダンスフロア・セクシャリティ(註:なんて訳したもんかの〜?)と攻撃的なビートがそれに取って代わっている.もうひとつ.Top40エキスパート(註:日本じゃヒットメーカーといえばいいかな?)を幾つかの曲で起用したこと.(いつの時代も)影響力大なプロデューサであるティンバランドとのマイアミでの十日間は,彼女のレコードにファンキー極まりない3曲を残すに至った.『あたし,最後まであのティンバランドと仕事してるってコトが信じられなかったわ!』 自らのヒーローに出会えて,見るからに彼女は感激しているようだ.『彼が「なぁ,Utada,あんさんほんまアホみたいやったでぇ!」なんて言うから私も「そりゃどうも! でもアナタも負けてなかったわよ!」って言い返しちゃった!(笑)』(註:ティンバランドのおっさんが関西弁を喋ってるのは訳者の勝手な偏見です(笑))

((03)) But the singer's trump card is her Japanese-American identity- a singular perspective in pop music. In "The Workout," Hikaru sings, "I was dancing with a dirty blond Texan/I showed him how people in the Far East get down." She's well aware of her transcultural allure, and she works it. "Yeah, well, it's so fun to!" She says, "It's natural, because it's a big part of what I think about in my daily life. And it's something I can really take advantage of. It's a bit of a reaction- sometimes with their second album, people write songs about how they're famous but they haven't changed. But I already have this position that I can react to: I am Japanese, and it's really fun to be Japanese right now. I flip through the channels and I see all the old animes that I use to watch when I was really small- and I think, 'They're playing this in the US?'"


しかし,このシンガーの本当の切り札はその日本人であることと米国人であることの二つのアイデンティティを持っていることだろう…それは彼女にポップミュージックに関しての独特の視点を与えている."The Work Out"という曲で,Hikaruはこう歌っている.『黒いブロンドのテキサン(テキサス人)と踊ってたとき 極東の人間がこんな時にどうやるか見せ付けてやったわ』 彼女はよくよくわかっている――二つの違った文化を跨いでいることからくる自身の魅力のほどを.そして,それを見事にカタチにしたのだ.『ははは! そうね,そう考えるのも面白いかも!!』『でもね,それも自然なことなの.だって普段の日常の中で考えることっつったら殆どがそういうことばっかだからね〜! で,それが逆に私が一番有利な点でさ,例えばリアクションのことなんかでも…セカンドアルバムつくるときに,こんなに有名になっても自分たちが変わっちゃいないか,ってことを言いたくって曲書く人たちも居るじゃない? でも私はもうそういうのにリアクションできる立場に居るわけだから.私は日本人であって,んで今現在その日本人であることを心の底から楽しめてるの.テレビ見ててチャンネルを回してると(今はチャンネルを回すなんていわねーか!(笑))ちっちゃい頃見てた昔のアニメなんかが放送してるわけ! で「え?これってアメリカでもやってるの?」だなんて思っちゃう!』

((04)) The singer has an excellent pop pedigree. Her mom, Keiko Fuji, was one of Japan's most beloved singers in the 1970s. Her father, producer Teruzane Utada, gives her guidance in the studio and manages Hikaru's career


このシンガーはポップの由緒ある血統の持ち主でもある.彼女の母・藤圭子は,70年代の日本で最も愛された歌手のうちのひとりだったし,彼の父親である宇多田テルザネ氏は,スタジオでHikaruに指導を与える一方,彼女のマネージャもつとめている.
((05)) By any measure, Utada has it good. She can enjoy Xtina-scale adulation in Japan, but back home in Manhattan she can live like a normal twenty-something. So, why would she ever want to raise her profile on these shores? "My mom has actually asked me, 'What are you going to do if you do get famous here?'" She says, "Part of me is like: 'Yeah, right.' Then part of me is like: 'What if I do get famous?! I can't just walk into a deli at night wearing my pajamas!'"


いずれにせよUtadaはよろしくやっているようだ.彼女は日本では(米国で言えば)クリスティーナ・アギレラ並の過剰な注目を浴びることも楽しめるし,一方でひとたびマンハッタンの家に帰ってくれば何の変哲もない20代の女性として過ごすことも出来る.そう,じゃあ一体どうして”太平洋のこっち側”で有名になろうだなんて思ったの? 『実際,私のママもそういうの,「こっちで有名になって,アンタどうするつもりなのよ?」って.』 Utadaは続ける.『片方の私は「そうね,別にいいんじゃない?」って感じで,もう一方の私は「有名になったらどうしよう!? 夜中にパジャマ着てコンビニにおやつを買いに行くことも出来なくなっちゃう!」って感じ,かなぁ?』(註:コンビニだなんて書いてないっす念の為.deliって日本では何にあたるのかな?)


((06)) Still, Utada insists that American provides a kinder climate for fame. "I feel a bit freer here," she says. "Japan is the kind of place where if you get caught with weed, your records get taken off the shelves. I feel like there's a bit more room to find your own position here." And if American fame starts to drive her crazy? "I can go to Fiji or someplace."

とはいえ,Utadaは,米国人はもっと有名人に対して寛容なムードを与えてくれる筈だ,という.『こっちだと(日本に較べて)いくらか自由な雰囲気を感じる』『日本て国は,もし一回ドラッグで捕まったりしたらその人のCDが店の棚からなくなっちゃうような感じのトコなんだ.でもこっちだと自分自身のポジションが確保できる隙間,余裕みたいなもんが与えられてる気がする.』じゃあ,アメリカでの名声が頭痛のタネになり始めたらどうするの?『まぁそんときゃフィジーかどっかにでも行けばいいっしょ!(笑)』