×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 ENGLISH  JAPANESE



原文と翻訳:NYポスト2004/9/19

引用元URL  http://www4.islanddefjam.com/media/utada/images/utadapost.jpg
**********

RISING STAR

By MAXINE SHEN
--------------------------------------------------------------------------------
Utada Hikaru was 15 when she released a debut record that sold 10 million copies.
--------------------------------------------------------------------------------
September 19, 2004 -- Don't call Utada Hikaru the Japanese Britney Spears - even if she is Japan's hottest young female pop star. "I hate that! It's a pet peeve," says the 21-year-old "J-pop" phenomenon, who's sold over 17 million copies of her four Japanese albums.

"I debuted [in Japan] before she did, but ever since she blew up in America, whenever I'm noticed by non-Asians, people would say, 'I hear you're the Japanese Britney Spears,' and I'm like, 'No, I'm not!'"

Still, Utada admits that the Britney comparison isn't completely unfounded.

"We're both young - I'm actually younger than her - and something about our characters hit our cultures," she says. "Americans are somehow obsessed with her, and something about me hit a spot with people in Japan."

Now the New York-born singer and songwriter is hoping to make her own mark in the U.S., where her first English language album, "Exodus," a multi-genre mix of pop, dance and funk grooves, will be released on Oct. 5.

A virtual unknown here, Utada leads a kind of dual existence, splitting her time between New York, where she's more or less anonymous, and Tokyo, where she causes a stir when she walks down the street.

The daughter of two musicians - her mother, Keiko Fuji, is a traditional-style Japanese singer who's famous in her own right - Utada has been a superstar in Japan since she was 15, when she released a debut that sold a whopping 10 million copies.



"People think I'm too unreal to be walking down the street; they don't expect it. Sometimes people look and they're like, 'No, it can't be,'" says Utada, who's learned to avoid walking on Tokyo's crowded streets and hitting CD stores during the day.

Although Utada wrote and produced most of the album, she got a helping hand from mega-producer Timbaland (Justin Timberlake, Missy Elliot) on three tracks - "Exodus '04," "Wonder 'Bout" and "Let Me Give You."

With lyrics like "I was dancing with a dirty blond Texan/Charming accent but the music's playing too loud/So I showed him how people in the Far East get down," the pop princess is showing off a racier image than the wholesome youngster her Japanese audience is familiar with.

In Japan, where over half a million copies of "Exodus" have already been sold, some of the lyrics have caused a stir.

"People are like, 'Oh my God, what's happened to her," she says. "In Japan, people don't really sing about sexual content ... [but] it doesn't have to be sleazy."

As with her lyrics, Utada has no plans to walk in the sketchy footsteps that have made some of America's pop tarts tabloid fodder. (For one thing, she's been married - to the same guy - since she was 19.)

"I'd rather be seen as a nice girl, and when someone gets to know me, say, 'Oh, so you're not exactly an angel," she says with a grin.


『新星――ライジング・スター』( By マクシン・シェン )

[写真のキャプション:ウタダ・ヒカルは1000万枚を売り上げたデビューアルバムを出した当時まだ15歳だった.]

2004年9月19日 ―― ウタダ・ヒカルを『和製ブリトニー・スピアーズ』だなんて呼ばないで! ―― 確かに彼女は日本で一番人気のある若手女性ポップスターではあるんだけど.「そう言われるのは好きじゃないな.よく言われるんだけどさ.」 J−ポップの「現象」といわれるまでなった21歳は,日本語で歌われた4作品の合計で1700万枚ものアルバムを売り上げている.
「(日本で)私がデビューしたのはブリトニーが出てくる前だったんだけど,彼女がアメリカで爆発した後には,アジア人じゃない人たちに出会ったときにすらいつでもこう言われたもんだよ,『アナタは"日本のブリトニー"なんだってきいてんだけど・・・』って.で,アタシは『んなわけないじゃん!』ってなっちゃうんだよね.(笑)」

とはいうものの,ウタダはブリトニーとの比較が全くの的外れだとまでは思っていないようだ.

「2人とも若いっつーか…まぁ実際私の方が年下なんだけど…ウチらのキャラがそれぞれの国のカルチャーにフィットしちゃったって言えばいいのかな,」とウタダは続ける.
「アメリカの人ってもう彼女にクビッタケだし(笑),私のキャラもなんか日本の人たちに「ビビビッ!!」ときちゃったみたいなんだよね(笑)」

そして今,このニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターは,この米国で自分の居場所を見つけることを望んでいる.彼女の初めての英語詩アルバム”EXODUS”が全米では10月5日にリリースされる予定なのだ.ポップやダンス,ファンク・グルーヴなどのあらゆるジャンルをミックスさせた内容になっているとか.

こちらでは無名の新人といっていいウタダは,二重生活的な人生を送っている.あんまり顔を知られていないニューヨークと,町を歩いてるだけで大騒ぎになる東京と.彼女の生活は二つに隔てられているのだ.

2人のミュージシャンの愛娘として(彼女の母藤圭子は日本の演歌歌手で…まぁこちらは独力で有名になったらしい)ウタダは15のときから日本ではスーパースターだった.彼女はデビューアルバムで1000万枚というとんでもない数字を叩き出したのだ.

「みんなあたしが町を歩いてるだなんて有り得ないって思ってるみたいで(笑).思いも寄らないこと,なんだろうね.ときどきあたしのこと見つけても『?…って,んなわきゃないよね!』って.(笑)」と,東京の雑踏の中を歩いたり昼間にCD屋をうろついたりすることを避けるようにしてきたウタダは語る.

ウタダはアルバムの殆どのプロデュースと作曲を手掛けたが,"Exodus '04/エキソドス'04","Wonder 'Bout/ワンダー・バウト","Let Me Give You/レット・ミー・ギヴ・ユー"[訳者註:曲名は原文が誤植です.正しくは"Let Me Give You My Love/レット・ミー・ギヴ・ユー・マイ・ラヴ"]の3曲でメガ・プロデューサーであるティンバランドの手も借りている.(彼は,他にジャスティン・ティンバレイクやミッシー・エリオットとの仕事もしている)[再び訳者註:"Wonder 'Bout/ワンダー・バウト"のティンバのクレジットはリミックス.プロデュースはUtaDAとざねっち.他2曲はUtaDAとの共作&コ・プロデュース.]

"I was dancing with a dirty blond Texan/Charming accent but the music's playing too loud/So I showed him how people in the Far East get down,"『くすんだブロンドのテキサス男と踊っていたの 訛りはチャーミングだけどお喋りするには音楽がうるさくて 極東の人たちがどうやって楽しむのか教えてあげた(訳:新谷洋子)』といった歌詩でこの歌姫は,日本のファンが慣れ親しんだ彼女の「恥ずかしがりやの女の子」てなイメージを覆すようなキワドいトコロを見せている.

「EXODUS」アルバムは,既に日本で50万枚以上を売り上げており,そういった歌詩がちょっと話題になっているようだ.

「聴いた人たちは『あっちゃー,どうしちゃったの今回の宇多田は!?』みたいに言うわけ(笑)」「確かに日本ではえっちな歌詩をあからさまに歌うようなことはない…んだけど,まぁ下品ってほどでもないでしょ?(笑)」

そんな(下品でない)歌詩と同様にウタダは,今までのポップスターたちみたいにアメリカの辛口タブロイド紙[訳者註:日本で言うスポーツ紙みたいな新聞]のエジキになるような浅はかなマネをするつもりはないようだ.(なにより,彼女は既に19の時に結婚してしまっている.…同じ(日本人の)男性と)

「私って最初はどっちかっつーと”いいこ”に見られることが多いんだけど,私のことを段々よくわかってくると,みんな言うんだ,『へぇ〜,ヒカルちゃんて,いっつも天使ってわけでもないんだね!』ってね.(笑)」そう言って彼女はいたずらっぽく微笑んだのだった.